作業時間たったの15分! フライパン1つで作れる簡単スープカレー【ずぼら栄養士の15分ご飯Vo.17】

写真拡大

シルバーウィークが去ってしまい、月末の忙しさが倍増する恨めしい存在になっている。そう感じている人は、多いのではないでしょうか。

そんなときの夕食には、簡単に作れるスープカレーはいかが? ただ、カレーは食欲が増していいのだけれど、煮込み時間が長い! 

そこをなんとかしたいというずぼらな希望を叶えるべく、“ずぼら栄養士” を自認する川村郁子さんが、作業時間たったの15分でできる「スープカレー」を考案しましたよ。

では、さっそく作り方を紹介します!

■作り方!

【材料/2人分】

・玉ねぎ 1/2玉
・にんにく 1片
・しょうが 1片
・ナス 1本
・ズッキーニ 1/2本
・赤ピーマン 1個
・トマト缶 300g
・鶏手羽元 4本
・水 200〜300cc
・油 大さじ4

(調味料)
・めんつゆ 大さじ3
・鶏ガラスープの素 小さじ2
・カレールウ 30g(固形の場合 1〜2かけ)
(お好みでクミン、シナモン、ガラムマサラなど少々)

【作り方】
1.玉ねぎは薄切り、ナスは半分に切って斜めの切り目を入れ、赤ピーマンは乱切り、ズッキーニは半分いちょう切り、半分輪切りにしておく。

2.フライパンに油を入れ、しょうが、にんにく、玉ねぎを入れて炒める。火が通ったら、フライパンの半分に野菜を寄せ、余ったスペースでトッピング用野菜の赤ピーマン、ナス、輪切りズッキーニを焼く。

3.2のトッピング用野菜を取り出し、鶏手羽を入れる。表面に焼き目がついてきたら、水を加えて蓋をし、中火で5分ほど煮る。

4.3の手羽元が煮えてきたら、トマト缶、調味料を加え、味を整える。

5.器にスープカレーを盛り、トッピング用野菜を飾ったら完成!

■川村郁子さんによる、今回の献立のポイント!


このカレーは時短で作れるだけではありません。忙しい人におすすめの栄養成分も、ちゃんととれちゃいます。

・疲労物質を代謝するクエン酸(トマト)
・水分代謝を促進するカリウム(ナス、ズッキーニ)
・腸内環境を整える食物繊維(ズッキーニ)
・エネルギーを作るのに役立ち、免疫力を高めるビタミンC(ズッキーニ)
などなど。

暑いときも、ちょっと涼しくなってきたときにもオススメのスープカレー。是非お試し下さいね。

撮影・調理・取材協力=川村郁子さん
撮影・調理・執筆=FelixSayaka (c)Pouch

画像をもっと見る