大容量バッテリーとHDD搭載、ハイレゾや動画をどこでも楽しめる

写真拡大

富士通は、15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK(ライフブック) AHシリーズ」から「AH45/W」「AH42/W」2機種を2015年10月3日に発売する。価格はいずれもオープン。

いずれも約8時間以上のバッテリー駆動を実現、場所を選ばず使用できる

いずれもディスプレイは15.6型ワイドHD液晶(1366×768ドット)を装備。大容量バッテリーを搭載し、駆動時間は「AH45/W」は約8.2時間、「AH42/W」は約8.7時間を実現し、場所を選ばず使用が可能。約1TBの大容量HDD(ハード・ディスク・ドライブ)を採用し、写真や動画、音楽など、容量を気にせず楽しめる。メモリーは4GB DDR3L。

CDを上回る高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源対応で、別売の対応ヘッドホンを接続すれば、臨場感あふれる高音質サウンドを気軽に楽しむことが可能。そのほか、長文や話し言葉などを誤りなく変換し、スムーズで快適な文字入力を実現する日本語入力ソフト「ATOK」を標準搭載。OSは「Windows 10 Home」(64bit版)をプリインストールする。

「AH45/W」は、CPU(プロセッサー)が「Core i3 5005U」、光学ドライブがBDXL対応ブルーレイドライブ。「AH42/W」は、CPUが「Celeron 3205U」、光学ドライブがDVDスーパーマルチを搭載。カラーはシャイニーブラック、ルビーレッド、アーバンホワイトの3色。