写真提供:マイナビニュース

写真拡大

情報通信研究機構(NICT)は10月1日、光ファイバー1本あたりの伝送容量の世界記録を2倍以上に更新し毎秒2.15ペタビットを達成したと発表した。

同成果はNICTと住友電気工業、RAM Photonicsの共同研究によるもので、第41回欧州光通信国際会議(ECOC2015)で最優秀ホットトピック論文として採択された。

今回の研究では、シングルモード22コアファイバーと、高品質なレーザー光源群よりも優れた光を通信波長帯において一括生成する高精度光コム光源による光伝送システムを構成することで、毎秒2.15ペタビットの伝送容量を実現した。

22コアファイバーは全てのコアが従来ファイバーと同じシングルモードであることから、長距離伝送に適している。また、全てのコアが同等の物理特性を持ちコア間の信号品質が均一となるため、高度な伝送方式にも対応可能とされている。

高精度光コム光源は、25GHz間隔の399波長の搬送光を一括生成することで、既存の波長多重伝送システムで一般的なレーザー光源群に比べ、雑音を大幅に抑えることができるほか、周波数の安定性も高いため、高密度な信号伝送を可能とする。

NICTは今後、マルチコアマルチモードファイバ伝送技術の実用化を目指して、通信事業者、メーカーとの取組を積極的に推 進し、光通信の更なる大容量化技術の研究開発に取り組んでいくとしている。