「微生物によって建築のデザイン・プロセスを変えたい」ジェシカ・グリーン(微生物学者)

写真拡大

オレゴン大学生物学・建築環境センターディレクターのジェシカ・グリーンは、人間と生活空間における微生物の量や種類などを遺伝子解析技術を用いて分析している。彼女は研究を通して、これからの建築デザインを変えうるほどの、微生物の新たな可能性を探っているのだ。

「「微生物によって建築のデザイン・プロセスを変えたい」ジェシカ・グリーン(微生物学者)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジェシカ・グリーンは、オレゴン大学生物学・建築環境センターのディレクターを務め、室内に生息する微生物の研究を行っている。

六本木アカデミーヒルズで10月14日(水)より3日間開催される、都市とライフスタイルの未来を描く国際会議「Innovative City Forum(ICF)」でパネラーとして来日する彼女に、一足先にインタヴューを行った。

Innovative City Forum 2015

>>参加申し込みはこちらから

開催日時:2015年10月14日(水)〜10月16日(金)
開催場所:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階
参加費:各日5,000円(税込)
*国際交流基金アジアセンターセッションのみご参加の場合、1セッション1,000円(税込)です。
定員制、先着順での受付となります。


──2013年のTEDトーク以来、研究テーマは変わりましたか。

基本的なテーマは当時から変わっていません。微生物を分析し、家やオフィス、あるいは病院や食品加工施設などのデザインプロセスを変えようという研究です。微生物を分析することで、例えばオフィスであればより仕事の能率が上がる職場環境に変えることができないか、病院であれば院内感染が生じにくい環境をつくれるのではないか、食品加工施設であれば食中毒の危険性を減らせないか、住居であれば健康的な生活を過ごす空間をつくることはできないか、といった問いを追究しています。

──「微生物を分析する」とは、どういうことでしょうか。

その建物の内部が人間にとって健康的な空間であるかどうかを測る、新しい「レンズ」を使用するのです。現代の物理学や化学の知見は、すでに人間にとって有害な物質の侵入を防ぐ建物の設計を可能にしています。しかし、人間から放出される微生物による影響については、まだ十分に理解が進んでいません。

──その「レンズ」とは、具体的には何を指しているものなのでしょうか。

まず、遺伝子解析にかかる費用が大幅に下がったことが挙げられます。それから、微生物が特定の空間において人間にどのような影響を及ぼすのかを、遺伝子情報を用いて詳しく分析できるようになったことも重要です。

──いま、腸内細菌をはじめ、体内での微生物の働きは注目されています。しかしあなたは、それを生活空間にまで広げて研究を進めています。なぜでしょうか?

微生物は体の中に閉じ込められたものではなく、生活空間の一部だと捉えているからです。微生物は食物から体内に取り込まれますが、友人やペットと触れ合うことでも微生物のやり取りは生じます。体の健康は生活空間に生息する微生物の影響を受けるのです。

──ということは、建築家は今後、微生物の環境づくりも考慮するべきなのかもしれませんね。

建築家だけではありません。設計技術者から実際の建築を請け負う業者に至るまで、これからの都市や建築に従事するあらゆる人々にとって、微生物について考えることがこれから重要になるでしょう。例えば、室内の温度や湿度を快適に保つ家がいまあるように、将来的には室内の微生物の環境を整えることができるような建物がデザインされる時代が来るかもしれません。

──目に見えない微生物が、何かしらのデヴァイスを通して誰もが見えるようになる時代はやがて訪れると思いますか?

微生物はどれも外見は似通った形をしているので、見えるようになるだけでは不十分です。おそらく「Nest」のスマート・サーモスタットのように、壁に取り付けられる家庭用の「微生物解析装置」のようなものが登場して、部屋を快適な温度や湿度に保つだけではなく、微生物の質や量をも調節して、健康的に過ごせる室内環境をつくり出せるようになるかもしれませんね。

「ICF 2015」関連記事

「バイオテクノロジーには芸術家のマインドセットが必要だ」オロン・カッツ(バイオアーティスト)
「バイオは自分には関係ないと思わないでほしい」林千晶(MITメディアラボ所長補佐):ICF 2015の見どころを語る
ネグロポンテ登壇決定! 都市の未来を描く「Innovative City Forum」

JESSICA GREEN | ジェシカ・グリーン
オレゴン大学生物学・建築環境センターディレクター / 「Phylagen Inc.」ファウンダー兼CTO。生物学と建築の繋がりを探求する生物学・人造環境センター(BioBE)を設立、同センターのディレクターに就任。持続可能性、健康および快適さを促進するゲノム指向の建築設計の実現を追求している。生態学と進化に着目したその研究は国際的に認知され、『ネイチャー』、『サイエンス』あるいは米国科学アカデミー紀要掲載の論文はさまざまに引用されている。また、Blaise Pascale International Research議長、John Simon Guggenheim Memorial Foundationフェロー、TEDのシニアフェローを歴任。UCバークレー校で原子力工学の博士号を取得の後、UCLAで土木および環境工学の理学士号を得ている。PHOTOGRAPH COURTESY OF JESSICA GREEN

ICFの前日には、未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、”都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

BiologyICFMicrobiomePeopleIndex