写真提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI研究所は9月30日、サーバやスマートフォン、IoTにおける個人情報などの重要なデータを安全に保護するソフトウェア技術を開発したと発表した。

この技術は、KDDI研究所が開発した高速ストリーム暗号「KCipher-2」を応用。メモリ内のデータを安全に保護するソフトウェア技術となる。

KDDI研究所の暗号化技術とソフトウェア保護技術を組み合わせて、暗号化に用いた鍵データをメモリ内に分散してダミーを生成し、正規の利用者のみが正しく読み取れるようにして強固なセキュリティを実現している。

従来方式と比較して約10倍の高速処理ながら、数KBの軽量なソフトウェアで実装できるため、高い処理能力を持たないデバイスでも十分な機能を発揮できるという。

同技術で採用した、「暗号化に用いた鍵データをメモリ内で安全に保護する方式」の実用化は世界初としている。なお、この技術の一部は、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業「ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術」の体系化の成果となる。