写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイレットは9月30日、同社が提供しているAmazon Web Services(AWS)のマネージド・ホスティング・サービス「cloudpack」で、AWSで閉域網に接続するサービス「IoTpack(アイ・オー・ティーパック)」を開始したと発表した。

同サービスはAWSクラウドとソラコムが提供するIoTデバイス向けデータ通信SIM「Air SIM」を提供するサービス「SORACOM Air」を相互接続することで実現し、閉域網の運用をcloudpackが行う。

MVNO(仮想移動体通信事業者)のデータ通信SIMを搭載したIoT/M2Mデバイスをインターネットを経由せずにAWSに接続し、IoT/M2MデバイスおよびスマートデバイスはAmazon VPC Peeringを通じてAWSによる閉域網に接続し、データ通信はすべてセキュアな閉域網内で行う。

「Air SIM」を装着したスマートデバイスは、ソフトウェアで実装されたクラウド上のパケット交換機能と通信キャリアのネットワークが接続されているため、セキュアな持ち運びが可能な内線電話端末として利用できるという。

また、管理コンソールによって、業務時間帯にだけ発着信を可能にする内線電話にできるほか、予算計画に応じてデータ通信量を制限する帯域コントロール、限定したサーバにのみアクセスを可能にするアクセス制御機能、デバイスの利用状況の把握、通話内容の録音機能などが行える。