フィオレンティーナのジュゼッペ・ロッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

【ベレネンセス 0-4 フィオレンティーナ ヨーロッパリーグ】

 ヨーロッパリーグ(EL)が現地時間の1日に行なわれ、フィオレンティーナはアウェイでベレネンセスと対戦した。

 第1節でパウロ・ソウザ監督の古巣バーゼルと戦い、ホームで1-2と敗れたフィオレンティーナ。今節は絶対に勝利が必要な試合となる。

 すると18分、フィオレンティーナは今季ブレイク中のMFベルナルデスキのゴールで幸先良く先制する。MFベシーノのミドルシュートをGKが弾いたところを詰めて押し込んだ。前半終了間際にはFWババカルがミドルシュートを放つと、相手DFに当たってコースが変わり前半でリードを2点とする。

 その後も終始試合を支配したフィオレンティーナは83分に相手オウンゴールで追加点を奪うと、90分に歓喜の瞬間が訪れる。カウンターから独走したG・ロッシがGKとの一対一を冷静に沈めて4点目を決めた。

 G・ロッシが最後に公式戦でゴールを決めたのは2014年5月18日のセリエA最終節トリノ戦。実に「501日ぶり」の得点となった。

 度重なる負傷を乗り越えてプレー復帰を果たしたG・ロッシ。嬉しい完全復活となりそうだ。

【得点者】
18分 0-1 ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
45分 0-2 ババカル(フィオレンティーナ)
83分 0-3 トネル(オウンゴール:フィオレンティーナ)
90分 0-4 G・ロッシ(フィオレンティーナ)

text by 編集部