敵地でPAOKと引き分けたドルトムント【写真:Getty Images】

写真拡大

【PAOK 1-1 ドルトムント ヨーロッパリーグ】

 ヨーロッパリーグ(EL)が現地時間の1日に行なわれ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはアウェイでPAOKと対戦した。

 ドルトムントは過密日程を考慮し、香川、フンメルス、パパスタソプーロス、ギュンドアン、オーバメヤンの5選手が休養のためギリシャ遠征には帯同せず。主力不在で戦いに挑んだ。

 しかし34分、PAOKが先制に成功する。センターサークルからのフィードにマクが裏へ抜け出し、ゴール左上に強烈なシュートを突き刺した。

 追いつきたいドルトムントは65分にシュメルツァーとA・ラモスを投入。攻勢を図る。

 すると72分、カストロのスルーパスにホフマンが反応するも、ボールは触らずに流れてそのままゴールに流れる。GKは反応できず、ドルトムントが同点に追いつく。

 それでも、試合はそのまま1-1で終了。ドルトムントは最低限の結果を持ち帰ることとなった。

【得点者】
34分 1-0 マク(PAOK)
72分 1-1 カストロ(ドルトムント)

text by 編集部