写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウィンフィールド・ライフリサーチはこのほど、「コスプレ時のメイク」に関する調査結果を発表した。調査は8月10日〜23日、全国のコスプレイベントに参加経験のある10代〜60代の女性144名を対象に、インターネットで行われた。

○コスプレ時のメイクで困ること1位は「メイク崩れ」

はじめに、コスプレ時のメイクで困ることについて尋ねた結果、「メイク崩れ(82%)」や「イベント後のメイク落とし(60%)」と回答した人が多く、困りごとがないという人はわずか2%だった。

○88%が「コスプレメイクは肌を酷使している」と回答

次に、「コスプレ時のメイクは肌を酷使していると思いますか?」と質問したところ、88%もの人が「思う」と回答した。そこで、使用するメイク用品の成分にも気を付けているのか尋ねたところ、「ベースメイクは気を付けるようにしている(68%)」「気にして選んでいる(14%)」と、8割を超える女性が使用するメイク用品の成分に気を付けていることがわかった。

○人気のキャラは「アナ雪」「ラプンツェル」

今最も変身したいと思うキャラクターを教えてもらったところ、ディズニーのキャラクターが最も多く、中でも「アナと雪の女王」や「ラプンツェル」のキャラクターが目立つ結果となった。また、マンガが流行し現在も映画が公開されている「進撃の巨人」のキャラクターや、80年代の名作「うる星やつら」のラムちゃんを挙げる人も多かった。

そのほか、新世紀エヴァンゲリオン、初音ミク、キティちゃん、セーラームーン、名探偵コナン、ひぐらしのなく頃に、ラブライブ、ルパン?世、ファイナルファンタジー、銀魂、黒子のバスケ、ONE PIECEなどのキャラクターも登場した(レイチェル・ワイン調べ)。

(CHIGAKO)