森重真人【写真:Getty Images】

写真拡大

 FC東京は1日、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第13節・サンフレッチェ広島戦に向けて練習を行った。

 ロシアW杯アジア二次予選シリア戦および親善試合イラン戦に臨む日本代表メンバーに選出された森重真人は、「結果」という言葉を何度も口にした。

 日本代表に選出されたことに関して問われると、「アウェイでの試合ですが、結果を出し続けたい。個人的にもスタメンを意識して狙っていきたい」と意欲を語った。

 今回も中東でのアウェイ戦となる。森重は容易に勝てる相手ではないと承知しているが、「しっかり結果を持って帰れるようにしたい」と勝利を目指す意思を示した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「2次予選グループで最強の相手」とシリアを評価し、森重も「ここで勝つか負けるかで1位か2位か決まる」とこの一戦の重要性を理解している。

 気合は入っているはずだが、気負いはない。中東というアウェイの戦いであっても「自分の中のリズムは変えないでやっている」というように、環境が違うからといって慌てることもない。今回も、いつもと同じように相手の攻撃を防いでくれるだろう。

text by 編集部