マスターズ委員会チェアマンのビリー・ペインを中心に2016年大会関係者がそろった

写真拡大

<アジア・パシフィック アマチュア選手権 初日◇1日◇クリアウォーターベイGC(6,513ヤード・パー70)>
 アジア、オセアニア地区の最高峰タイトル「アジア・パシフィック アマチュア選手権」。優勝者には翌年の海外メジャー「マスターズ」出場権と、2位までの選手に「全英オープン」最終予選出場権が与えられる一戦は今年で7回目を数える。日本では2010年、11年大会で松山英樹が連覇を達成し、アマチュアながら「マスターズ」に2年連続出場を果たした舞台として知られている大舞台だ。
アジアアマを制し笑顔でオーガスタのフラッグを掲げる松山英樹
 今年の舞台は香港南東部にあるクリアウォーターベイGC。清水湾南端の海岸沿いに作られた風光明媚なコースは、海からの風とアップダウン、グリーンの複雑なアンジュレーションが選手たちを悩ませている。大会初日、そのクリアウォーターベイGCで記者会見が行われ、2016年、17年の開催コースが発表された。
 2016年大会の舞台は今年世界選抜と米国選抜対抗戦「プレジデンツカップ」が行われる、ジャック・ニクラスGCコリア。韓国での開催はこれが初となる。そして2017年はニュージーランドに場所を移し、ロイヤルウェリントンGCが舞台となる。アジア、オセアニア地区のゴルフ普及も目的とする今大会はアジア、オセアニア各国で持ち回りで開催され、日本では2010年に霞が関CCで開催。松山英樹が優勝を飾っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
注目ペアリングにも動じず 小西健太は日没ギリギリで…
QT挑戦中の小木曽喬 史上最年少日本アマ覇者が歩く道
アジアアマ初日は日没順延 小木曽喬が暫定15位 小西、長谷川23位タイ
【ALBA限定動画】石川遼沖縄合宿へ潜入Vol02!
“コンセプト開発・藤田寛之”フルモデルチェンジした『新RMX(リミックス)』