Doctors Me(ドクターズミー)- 犬の予防摂取に含まれる、ジステンバーウイルスって、どんな病気?

写真拡大

毎年打っている、愛犬のワクチン。その中には、ジステンパーウイルスの予防摂取も含まれているけれど、一体このジステンパーウイルスって何? と、この病気の知識がない方も多いかと思います。この病気は、治療が大変な病気のひとつですので、この記事を参考に、ジステンバーについての知識もしっかり身につけておきましょう。

そもそも、どんなウイルスなの?

主に犬同士で感染するウイルスですが、肉食の野生動物や猫、フェレットにも感染します。とても感染力が強く、これが日本オオカミ絶滅の原因でもあるのです。いっぽう、人間には感染しません。

致死率は50〜90%!?

免疫力の弱い子犬や老犬での致死率が高く、特に栄養状態が悪かったり他に病気を患っている場合では致死率が50〜90%ともいわれています。

このウイルスは寒さや乾燥を好み、暖かい室温では1週間程しか生きられませんが、5℃程度では約2カ月、マイナス10℃程度では半年以上も生きられるという報告があります。

気になる、感染ルート…

ジステンパーに感染した動物の目ヤニ、鼻水、唾液、尿、便に接触したり、くしゃみや咳とともに飛散したウイルスを吸い込んだりすることで感染します。特に乾燥した寒い時期では空気中に浮遊して感染力が広がりやすい傾向にあります。

どんな症状が出るの?

初期では40℃の発熱が出ますが、一旦落ち着きます。その後再度発熱、目ヤニ、鼻水、咳、くしゃみなど、風邪のような症状がでます。嘔吐や下痢といった消化器症状や元気消失となり、2〜3週間経って神経にまでウイルスが入り込んでしまうとケイレンや失明、鼻や肉球が厚く硬くなる(ハードパッド)、などの症状も…。ワクチン未接種や免疫が不十分な場合、回復したとしてもケイレンや失明などの後遺症は多く残ってしまいます。

もし、感染してしまったら…

残念ながらジステンパーウイルスを退治する治療はありません。2次感染を防ぐための抗生物質、ケイレンには抗ケイレン薬や鎮静剤、嘔吐や下痢には点滴などの支持療法が主体です。

獣医師からのアドバイス

最も有効なのは、適切な時期にワクチンを打つこと。ワクチンを打っていても感染することは稀にありますが、症状はとても軽く済みます。何気なく受けている予防接種も、犬の命を守るための、大切な機会。病気の正しい知識を身につけて、犬の快適な生活を守って上げましょう。

(監修:Doctors Me 獣医師)