食欲の秋に「ついつい食べ過ぎて胃もたれがツラい」なんてことはありませんか? せっかく美味しいものが多い季節だからたくさん食べたい! という方のために、今日は胃もたれを緩和する食べ物をご紹介します。

胃もたれの原因は食べ過ぎではない?

食べ過ぎによる消化不良が胃もたれの原因と思っている人が多いのですが、実は胃酸の出過ぎが胃もたれにつながることの方が多いのです。胃酸は食べ物を消化する強力な酸性の液体で、酸が胃から上に上がってしまうと胸やけやみぞおちの痛みを感じる逆流性食道炎になります。逆に酸が胃から腸に入ってしまうと、強烈な酸から腸を守るため、胃の動きを止める信号が脳に送られます。そのため、胃の中に消化されないままの食べ物が長時間にわたって残り、胃もたれになってしまうのです。最近、胃もたれの症状を訴える人が多くなっているのは、昔と比べて脂質が多い食事になったことで、胃酸を増やすホルモンが多く分泌されるようになったことが原因と言われています。

おススメの胃もたれを防ぐ食べ物・食べ方4選

【キャベツ・大根おろし】

キャベツに含まれるのはビタミンU。別名キャベジンとも呼ばれ、胃酸の分泌を抑えて胃腸の粘膜を健康に保つ働きのある成分です。一方、大根おろしには消化酵素のアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどが含まれます。キャベツの千切りや大根おろしを脂っこいおかずと一緒に食べることで消化を助けることができます。

【オクラやナメコなどのネバネバ食材】

オクラやナメコ、山芋などのネバネバのもとはムチンという成分です。胃の粘膜を保護する働きがあるので、胃もたれにも効果的です。より胃の負担を抑えたいときは、生ではなくサッと火を通して食べましょう。

【レモン・リンゴ】

レモンに含まれるクエン酸には、消化を促す働きがあります。揚げ物に絞ったレモンをかけるのも効果的。胆汁を増加させて消化を促す働きもあります。また、レモンやリンゴに含まれるペクチンには、整腸作用があるので胃腸の働きを整えます。

【炭水化物】

胃もたれがツラい時は、脂っこいものは控えて炭水化物を食べましょう。ご飯やおにぎりは消化が速いので、胃の負担を軽くしてくれます。さらに胃の負担を減らすなら、お茶漬けにして食べるのもいいでしょう。炭水化物でもパスタやラーメンは油を使うので胃もたれの時にはおすすめできません。


writer:岩田かほり