中国南部の連続爆発 容疑者が遠隔操作をしていた可能性

ざっくり言うと

  • 9月30日、中国南部の広西チワン族自治区で発生した連続爆発事件
  • 容疑者は爆発物を、遠隔操作で爆発させていた可能性があると報じられた
  • 爆発では7人が死亡、2人が行方不明になり、51人が負傷した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング