こだわり抜いた佐賀・中村牧場の黒毛和牛をはじめ、九州産の肉が豊富にそろっている

写真拡大

10月1日(木)、博多リバレインモール(福岡市博多区)に「御肉処 葡萄苑」がオープンした。同店は、福岡を中心に飲食店を全国展開している、ぶどうの樹グループの新業態。地産地消にこだわりのある同グループが、“牧場と農園のコラボレーション”をコンセプトに、上質な肉と新鮮な野菜を豊富にそろえた新スタイルの焼肉店だ。

【写真を見る】野菜を肉で巻いて食べるのが、葡萄苑ならではの楽しみ方。野菜のシャキシャキ食感と肉のジューシーなおいしさが口いっぱいに広がる

肉は、佐賀県唐津市にある中村牧場直送の佐賀県産牛をはじめ、選りすぐりの九州産がメニューに並ぶ。野菜や魚介、ハム・ソーセージ、米、卵は、同社が本社を構える岡垣町(福岡県遠賀郡)の生産者が作るこだわりの食材。

昼のメニューは、佐賀県産牛を堪能できる「葡萄苑ランチ」(1944円)「レディースランチ」(2484円)「お肉尽くし贅沢ランチ」(3024円)を用意。夜のメニューでは「佐賀県産牛 葡萄苑コース」(1人前4298円)「佐賀県産牛 堪能コース」(1人前5378円)などのコースの他、「葡萄苑 特選盛り合わせ」(2〜3人前4298円)や「釜炊き炊き込みご飯」(1458円)をはじめ、小鉢やスープ、煮込みなど多彩なメニューが味わえる。個室もあるので、年末年始の宴会はもちろん、接待や記念日など特別な日にもおすすめだ。【福岡ウォーカー】