代表選出の森重、アウェーでの厳しい戦いを見据え「全力で頑張る」

写真拡大

 1日、日本サッカー協会(JFA)は、8日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選のシリア代表戦、13日に行われる国際親善試合のイラン代表戦に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

 FC東京から唯一選出されたDF森重真人は、クラブ公式HPを通じて「日本代表に選出され、大変光栄に思います」と喜びの言葉を述べ、「アウェーでの戦いが続きますが、勝利を目指して全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」と、敵地で望む試合に向けて意気込んでいる。

 森重は9月に行われたアジア予選2試合でフル出場を果たし、アフガニスタン戦では得点を挙げ勝利に貢献した。

 現在、予選E組で2位の日本代表は8日にオマーンのシーブ・スタジアムで同組首位のシリアと対戦し、13日にアウェーでイランとの国際親善試合に臨む。