小嶋陽菜 アプリ「755」について聞かれ「なにそれ?」

写真拡大

9月30日、AKB48小嶋陽菜が自身のTwitter上で、自身もCMに参加したトークアプリ「755」に「なにそれ」と言い放つ場面があった。

「755」とは、著名人にファンが直接質問を投げかけられることが最大の特徴のアプリだ。サイバーエージェントが昨年2月のサービス開始以降、AKBグループのメンバーが多数利用している。小嶋も、同12月に公開された「755」のCMに出演していた。

ところが、小嶋は今年1月の投稿で、ファンからの質問に答える形で「755」に飽きたと認めていた。その言葉を裏付けるように、投稿は3月22日を最後に途絶えたままだ。

そしてこのたび、多数寄せられたコメントへの返信に困る小嶋に、あるTwitterユーザーが「755」へのコメントをうながすと、ついには「なにそれ?」と言い放つまでになってしまった。このコメントから、小嶋の「755」に対する関心の低さが伺える。
【関連記事】
おぎやはぎ・小木博明がAKB48・小嶋陽菜に毒舌「ちょっとピーク越えた」
AKB48・小嶋陽菜が「王様のブランチ」で自身のバストを「フルーツのザクロ」に例える
AKB48・小嶋陽菜がピース・綾部祐二のカメラ映り込みにキツい一言「入ってこないでくださいよ」