【全文】ハリルホジッチ監督、日本代表メンバー発表会見。ラグビー代表や南野について話す

写真拡大

10月に行われる2018年ワールドカップのアジア2次予選に向け、23名の日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継されたのだが、今回はその代表メンバー発表会見の全文をお届けしよう。

【関連記事】日本代表メンバー発表、南野拓実や塩谷司を招集!(2015/10/1)

※できる限り口語のまま掲載

霜田 正浩(日本サッカー協会技術委員長)

「皆さん、こんにちは。霜田でございます。

ワールドカップの2次予選も折り返しのゲームとなりました。グループ首位のシリアをしっかり叩いて勝ち点3を勝ち取って帰ってきたいというふうに思っています。

それができるメンバーを監督がきちんと選考し選びましたので、後ほど監督から報告していただきます。

その後に国際親善試合がイランとやります。なぜイランとやるかという理由が二つあります。

まず一つは、強い国とアウェイでやりたいと。テストマッチとはいえ、ワールドカップに出場まで無駄にできるテストマッチは一試合もありませんので、なるべく強い相手とアウェイでやることによって普段見えなかったことがちゃんと見えてくる、ということは現場、監督のリクエストもありまして、強い国とアウェイでできる環境を探していました。

それともう一つは、一試合目から二試合目までに長距離の移動を強いる必要がないということです。マスカットからテヘランまで2時間弱のフライトで済みますので、シーズン中の選手のコンディションを考えると、ここで長距離移動を強いるよりも、コンディションの良い状態で二戦目も良いテストマッチができればな、と思っています。

一戦目同様二戦目も親善試合ではありますが、必ず勝つことを前提に良い試合をやりたいなと思っています。

それからこのフレンドリーマッチのところは日本に帰ってきて親善試合をやるという選択肢もありました。ただ、現場の強い国とアウェイでやりたいという意向を最大限に優先させていただきましたことを関係者の皆様に感謝申し上げたいと思います。

以上です」

ヴァヒド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「コンニチハ。

今から、10月にやる選手のリスト発表をします。

シリアはオマーンのマスカットでやります。5日後にテヘランでイランと試合をします。

霜田の方からすでに我々の目的は発表してくれました。とにかく勝利を続ける、と。特にアウェイでの試合はそうですね。

おそらくこの試合が一番難しいのではないかと思います。今年の試合ですけども。

シリアは今のところ我々のグループの1位。このグループ戦を彼らは上手くスタートしました。3戦3勝ですね。13得点で失点は0。我々にとっては非常に難しい試合になると思っています。

しかし、日本代表は素晴らしいクオリティと経験があります。我々もしっかり自信を持って我々の道を続けようと。そして、勝利を続けようと思います。とにかく勝つ。毎回、可能性がある限り勝ちます。この勝利の文化を我々は植え付けたいなと思っています。

そして、さらに自分たちに自信を持って、もちろん相手はリスペクトしなければいけませんが、自分たち自身にもリスペクトして戦っていきたいなと。

そして、ラグビーの監督の話もしなければいけません。

ラグビーの監督さんは5ヵ月準備したと言っていました。

私もやはり5ヵ月…(?)。ある記事では、オーストラリア人コーチも代表に来たと。

そして、日本の人たちは『狂った人が来たんじゃないかな』と言っていた、と。5ヵ月後に南アフリカに勝とうと言っていました。

例えば、今我々が急に『世界一になろう』と言っているようなものですね。ただ、彼らはものすごいトレーニングをして、よく働いたと思います。そして5ヵ月間、かなりの苦労をしたと思います。そして最後には全てが報われたと。日本のラグビー界の歴史にかなり大きな結果を残した。もちろん彼らもまだまだ向上する力があると思いますけれど。

そして、彼らのコーチの一人が言っていたフレーズがあって、『日本人は(相手を)リスペクトしすぎだ。自分たちはあまり(相手を)リスペクトしていない』、と。

それを我々のサッカーの選手にも感じることがあります。それもあって、私の口からいつも『勝利』という言葉を発しています。『みんな勝つよ、そのための準備だよ』、それはいつも言っています。

今回の2試合の話ですけども、20人のフィールドと3人のキーパーを選びました。少し変更もありえます。それは怪我の原因ですね。

昨日まで2人、または3人の疑わしい選手がいたので、それに対して考えていました。この2-3日かけてテクニカルスタッフとメディカルスタッフで選手とかなり密にコンタクトを取って、それから現地のドクター、メディカルともコンタクトを取ってきました。そして、今日決断したわけです。

さきほど1時まで、ヒロキ(酒井宏樹)に関してずっと考えていました。それから遠藤ですね、湘南の遠藤。まぁ、残念ながら2人とも怪我があるということで、このリストには入れていません。

OK。3人のキーパーから始めます。

GK:

西川 周作(浦和レッズ)
東口 順昭(ガンバ大阪)
六反 勇治(ベガルタ仙台)

今言った3人ですけれども、向上を続けている選手だと思います。

昨日は東口の良い試合もありました。

もちろん、川島永嗣のことを忘れたわけではありません。しかし残念ながらまだクラブを彼は見つけていません。今現在、ベルギーで練習をしていると聞いています。

ただ彼とはコンタクトを続けているわけですけども、しかしまだ完全に自分のメンタルを回復したわけではない、と。それもあったので、彼を元気付けるためにも電話をしています。できるだけ早くやはりクラブを見つけてほしいと思っています。

今日はあまり私の方からは喋らずに、皆さんから質問を受けたいと思います。

では、ディフェンスにいきます。

DF:

吉田 麻也(サウサンプトン/ENG)
丹羽 大輝(ガンバ大阪)
槙野 智章(浦和レッズ)
森重 真人(FC東京)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/GER)
塩谷 司(サンフレッチェ広島)
長友 佑都(インテル/ITA)
米倉 恒貴(ガンバ大阪)

センターバックは丹羽ですね。

森重…彼らなんかもずっとプレーしていますけれど。

その後、右ですね。ゴートク、そして新しく塩谷を呼びます。

彼も時間をかけて追跡している選手です。彼は怪我を抱えていたんですけども、そのために中国(で行われた東アジアカップ)に呼ぶことができなかったですし、ただ今回は自分のクオリティを見せる良いチャンスだと思います。彼がこの場所にいるっていうことを証明してほしい。

私にとっては彼は非常に興味深い選手で、自分のクラブでは少し真ん中でプレーしていますけれども、我々のオーガナイズとは少し違うシステムですけども、右サイドバックとして競争してほしいと思います。

テクニックのクオリティもすでに良いものを持っていますし、そしてパワーも十分あります。私がチャンスを与えるメリットは彼にあると思います。ただ彼に良い機会を与えたいと思います。

長友、米倉は左サイドバックですね。

ゴートクと長友に関しては、まだ長い時間プレーしているわけではありません。しかし、彼らのプロフェッショナルの意識は十分理解しています。普段のトレーニングにプラスのトレーニングをいつもやってくれています。そして自分のパフォーマンスを維持してくれています。

ただ、まだ自分の席を取れているわけではありません。もちろん彼らも、私が彼ら以上のパフォーマンスを出す選手を見つければ、彼らは席がなくなるわけです。

つまりそれもあって、彼らを元気づけるため、勇気付けるために彼らにコンタクトをしているわけです。

中盤にいきます。

MF:

長谷部 誠(フランクフルト/GER)
山口 蛍(セレッソ大阪)
柏木 陽介(浦和レッズ)
柴崎 岳(鹿島アントラーズ)
香川 真司(ドルトムント/GER)
清武 弘嗣(ハノーファー/GER)

長谷部に関しては多くを語る必要はないと思います。かなり重要な選手です。

そして山口ですが、山口も少し問題を抱えている選手です。少しですね、少し怪我があると聞いています。

彼もその怪我を抱えたままプレーを続けて、まだ完治はしていないと。このような治療の仕方を私は満足できていません。

少し怪我をしている選手がプレーを続けてしまうと、また違う問題が発生してしまいます。そして、大きな怪我にもなりかねません。

もちろん選手自身もそしてクラブもプレーしてほしいと思っているとは思いますけれど。前回は槙野を呼んだんですけれども、すぐ帰しました。

日本代表で呼びたい選手というのは、100%準備ができている選手です。今のところ、100%でない選手を呼んでしまって私が間違えたかなという時もありました。

ただ、今のところ山口に関してはレポートで問題ないということが来ていますので、特に山口はアウェイでかなり重要な選手になってきます。

そして、また新しい選手ですけども柏木ですね。柏木も中国に呼びたかったんですけども、彼も怪我をしていましたのでそれが叶いませんでした。

彼もすでに時間をかけて追跡している選手です。そしてボールを奪ってほしいんですけども、特に後ろからの組み立てに参加してほしい選手です。そして私たちの中盤には左利きが少ないので、彼の左が有効になってくるのではないかな、と。

塩谷にしてもそれから柏木にしても、何試合かすでにA代表に参加している。そして、また新しい出発をしてほしいなと思っています。

塩谷と同じで見せてほしいな、と。彼らのクオリティを見せてほしいなと、思います。今彼が自分の責任を持って自分のクオリティを見せてもらう時期にきています。

柴崎ですが、怪我後ですね、まだ自分のトップパフォーマンスに戻っていない感じがしています。彼はクオリティがかなりのものがあるので、まだまだ向上させるそういった余地があると思います。

彼のクオリティが本当に必要なので、私はいつも頭の中に入れています。

香川真司ですけども、素晴らしいシーズンを送っていると思います。そして、自分が活躍するべきプレーを発見したのではないかなと。それは得点を取る、取らせるというところですね。昨年よりも非常に良くなっていると思います。

清武ですが、オペ後戻ってきた選手ですね。2-3日前に彼と話をしました。怪我復帰後3試合目が一番疲労が溜まって、そこが今彼がきているところですね。

ただ、自分のクラブが良くない順位にいるのでずっとプレーを続けていますね。彼もまだ自分のトップパフォーマンスに戻っていません。ただ、彼とディスカッションするなかで彼をここに呼ぶことを決断しました。彼もクオリティが高いですし、特にビルドアップのところですね。前節から得点を取りました。

ただ、まだ数試合必要ですね。パフォーマンスを戻すために。ただ彼は一緒に来てもらいます。その後、現地でいつどこでプレーするのかっていうのは考えたいと思います。

今紹介したのが3人の守備のミッドフィールダー、それかた3人の攻撃のミッドフィールダーですね。3人×3人。

我々の特徴ですけども、テクニックがある選手を選んでいます。特にテクニックを使う選手。我々のベースとなるのがテクニックのクオリティのところです。それが我々が続けなければいけないクオリティだと思っています。

もちろん彼らよりもフィジカル的に強い選手はまだいます。例えば遠藤もリストに挙げたんですけども。彼はパワーとテクニックを兼ね備えた選手でしたのかなり重要だったんですけど今回は選んでいません。

それではフォワードにいきます。

FW:

本田 圭佑(ミラン/ITA)
南野 拓実(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン/GER)
宇佐美 貴史(ガンバ大阪)
岡崎 慎司(レスター/ENG)
武藤 嘉紀(マインツ/GER)

本田は前節試合に出ていないんですけど、何試合かいい試合をしたと思います。

イタリアでは本当に競争状況が激しいのでそんなに心配はしてませんけども、おそらくそういった厳しい状況の中でパフォーマンスを上げているんではないかな、と。もちろん彼の一番の目的は席を奪うということですけども。

(南野について)それから、さらに新しい選手ですね。若い選手ですが、ザルツブルクでプレーしている選手です。初めて我々と一緒にプレーするわけですけども、ただ彼も時間をかけて追跡をしています。

霜田の方が2週間かけて彼を見てくれましたし、非常におもしろい選手だと思います。現代フットボールに適応するアタッカーだと思います。右も左もできますし、効果的なプレーができます。

そしてゴール前にしっかり現れてくれる選手です。ゴール前でしっかりフリーになって、フィニッシュのところに顔を出してくれる選手です。

そして彼のプレーで一番おもしろいと思われるのは、ボールがない所でのプレーですね。常に得点を取る、もしくは取らせるポジションにいます。リーグ戦でもカップ戦でも点を取っていますね。数年後には日本代表にとってものすごく効果的な選手になると予測します。

今のところゴール前の効率性というところで私たちはまだハイパフォーマンスになっていませんから、彼が必要です。彼にとっては良い機会になるのではないかなと思います。

永井(謙佑)も少し怪我をしていますから、その代わりではないですけども彼に期待しています。まだ20歳ですし。私はやはり若い世代を信頼して使いたいと思います。若い世代でも上手い選手がいれば躊躇なく入れたいと思います。

左、原口ですね。彼も毎節試合に出ている選手ですね。そして、どんどんどんどん自信をつけている選手だと思います。彼もチームにとって重要な選手になりつつあります。

そして、宇佐美ももちろんいます。良いシーズンを送ってくれたと思います。そして、向上もしていると思います。能力がある選手だと思います。以前ですね、彼とハーフタイムに話したんですけども、彼がしっかり私のメッセージを理解してくれていますし、彼がやってくれているトレーニングにもしっかり満足しています。

それから岡崎です。彼のクラブは良いシーズンを送っていると思います。良いスタートを切りました。ものすごく厳しくてものすごくパワフルで、そしてデュエルがたくさんあるリーグ戦を戦っているわけですけども、彼は何点か取ってもっともっとこれ以上に点を取ってほしいなと思います。

まぁそれは岡崎だけではないですが、全選手に求めたいことではあります。より効果的になってほしいなと思っています。

それから武藤ですね。彼も全節出ています。そして、決定的な機会を作っていますね。ゴール前のところではまだまだ冷静さ、それから集中が少し足りないですけども、真ん中のところで岡崎と武藤で競争してほしいなと思っています。

武藤はドイツでは2トップでプレーしているわけですけども、彼はサイドでもプレーできる選手だと思っています。我々の他の可能性を与える選手として重要になってきます。


これが23人、一緒に行くメンバーです。

オマーンで合流する選手もいます。もちろん他のやり方はありませんけども。ヨーロッパの選手はオマーンに直接行ってもらう方が近いのでそうしてもらいます。

そして、バックアップメンバーは8人用意しています。キーパー、ディフェンス、中盤、フォワードという形で用意しています。

このバックアップメンバーに関しても、ギリギリのところで怪我が出た場合にすぐに来れるように準備をしてもらっています。移動してすぐに来てもらえるようにしていただきたいと思います。その他のやり方はありません。

シリア戦は非常に厳しい戦いになりますので、非常に強いチームだと思っています。そして、リアリストであり効果的であると思っています。何人かの選手は185cm、190cmという高い選手がいますし。

ということです。

では、今から皆さんの質問を受け付けたいと思います」