最新FIFAランク発表:日本は3つ順位を上げて55位、スペインがトップ10復帰

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は1日、最新のFIFAランキングを発表した。9月3日のW杯アジア2次予選カンボジア戦、同8日のアフガニスタンと連勝した日本は58位から3つ順位を上げて55位となった。

 上位勢ではドイツが2位に浮上。スペインが11位から5つ順位を上げて6位、前回発表で史上初のイングランド越えを果たしたウェールズが8位に順位を上げている。

 また、日本が今月8日にW杯アジア2次予選で対戦するシリアは123位、国際親善試合を行うイランは39位でアジア1位となっている。

 なお、次回発表は11月5日を予定している。

 上位20チームの順位は以下のとおり※()は前回順位 

1.(1)アルゼンチン

2.(3)ドイツ

3.(2)ベルギー

4.(6)ポルトガル

5.(4)コロンビア

6.(11)スペイン

7.(5)ブラジル

8.(9)ウェールズ

9.(8)チリ

10.(10)イングランド

11.(13)オーストリア

12.(17)スイス

13.(7)ルーマニア

14.(12)オランダ

15.(20)チェコ

16.(14)クロアチア

17.(16)イタリア

18.(15)スロバキア

19.(19)アルジェリア

20.(18)ウルグアイ

……………

39.(40)イラン

53.(57)韓国

55.(58)日本

58.(61)オーストラリア

70.(70)UAE


●ロシアW杯アジア2次予選特集