イギリスのポンド紙幣

写真拡大

 9月の米国連邦公開市場委員会(FOMC)の会合において、金融政策は据え置かれたため、その後の為替市場の動向が気になる方も多かったと思います。

 FOMC声明内容、その後のイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見や講演、さらにFRBメンバーからのコメントをみる限り、FRBはゼロ金利解除に向かい正常化する方針に変化はないよう。市場参加者の間でも、意見はいろいろと出ていますが、経済指標のデータが比較的好調であれば、年内の最低限の行動は「DONE Deal」(一般的には「取引成立」。もっと広い意味では、「既定路線」つまりゼロ金利解除)。 とみていいものかどうか……。

 FRBの方向性はさておき、今回の話題は、為替取引においての「上昇」と「下落」のお話しです。

 一般的に、「為替相場」と言いますと、何が思い浮かぶでしょうか?

「119.50−53」という数字のイメージでしょうか?それとも両替する際に表示される「1USD=119.50円」でしょうか。どちらも正解です。為替相場=外国為替相場であり、外国通貨と自国通貨との交換比率を指します。
 
 また、この交換比率(為替レート)が動く場合において、よく聞く言葉として「円高」、「円安」がありますが、この表現はドルに対して、円の価値が高くなる方を「円高」といい、安くなる方が「円安」といいます。これを数値で見れば、「1ドル=119.50円」が「1ドル=119.00円」になるのは「円高」です。反対に「1ドル=119.50円」が「1ドル=120.00円」になるとこれは「円安」です。「高い」、「安い」という言葉だけで考えますと、何か違和感がありませんか?

円の視点では、視覚的な数字の動きを見ていると、言葉と正反対。むしろ、ドル円の関係であれば、基軸である米ドル(USD)の視点で考えた方が、より分かりやすいです。前者は、ドル「安」であり、後者はドル「高」。無理に、円の視点でとらえようとしても、視覚的数値が見えてしまうので、取引の視点で考える場合には、通貨ペアの表記にもある左側の通貨 (ドル円であれば、USDJPYのUSD)をベースに取引の方向性を考えた方が理解しやすいのです。よって、前述の場合には、ドル安・円高、もしくはドル高・円安のワンセットで考えていくのがよいでしょう。 このように考えると、為替取引においては、上昇局面にあるように見えても、相対する通貨においては下落局面と言うことになります。この点を理解しておけば、ユーロなどのクロス取引の仕組みが分かりやすくなります。

 余談ながら、ユーロが誕生する前では、欧州各国の通貨が取引されていました。ドイツマルク(DEM)、イタリアリラ(ITL)、オランダギルダー(NLG)など。

さて、ここで問題です。オランダギルダーとイタリアリラを取引する場合には、市場ではどちらの組み合わせが基準になるのでしょうか? NLGITL?それともITLNLG? 

 為替取引において、通貨表記には一定のルールがあります。

 まずはユーロ。2番目には英国連邦系の通貨(イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南ア、香港)になります。その後が、スイスフランとなり、日本円はほぼ決まって右側通貨表記となっています。これは為替取引市場で長年築かれたルールなのです。(例外として、両替商などでは自国の通貨を前に持ってくるなど便宜上反対表記する場合もあります)

 では、先ほどのオランドとイタリアの場合はどうでしょうか? 今ではユーロに統一されていますが、欧州域内では、国力、GDPそして大事なポイントは流動性という点で評価されます。ユーロの前身で見れば、筆頭はドイツ・マルク、二番手にオランダ・ギルダー、三番手はベルギー・フランとなります。その他にもさまざまな通貨がありますが、歴史上において安定性があり影響力がある通貨が左側表記になりますよって、先ほどの答えは NLGITLとなります。

 通貨表記にも、歴史背景があるということです。(FXストラテジスト 宗人)