水着姿でも配信

写真拡大

サービスを始めてまだ間もない動画ストリーミングサービス「HiClub(ハイクラブ)」がこのほど、HiClub本社(東京都港区)で「日テレジェニック2015」をゲストに迎えたストリーミング配信を行った。

「日テレジェニック2015」のメンバー(50音順)は大澤玲美(おおさわ・れいみ)さん(22)、熊江琉唯(くまえ・るい)さん(20)、高崎聖子(たかさき・しょうこ)さん(22)、橘花凛(たちばな・りん)さん(25)、菜乃花(なのか)さん(26)、久松(ひさまつ)かおり(20)さんの6人。9月に最終選考を終えたばかりで、2015年9月18日の配信は「応援ありがとうチャット」とタイトルが掲げられた。

「自己表現」したい人向けのサービス

「HiClub」は2015年夏に開始されたばかりのサービス。「Live Yourself」をキャッチフレーズに、ストリートミュージシャンや読者モデルなど、自己表現したい人たちを主なターゲットとしている。

「キャスト」と呼ばれる配信者は、視聴ユーザーと放送中に、チャットでコミュニケーション可能。「この曲、歌って!」などのリクエストに、すぐさま対応できるようになっている。また「ギフト」と呼ばれるアイテムを送付できるのもポイント。ユーザーからキャストだけでなく、キャスト同士でも「ギフト」を通じて交流できるのが特徴だ。

そんなHiClubのオープニング企画の一環として、「日テレジェニック2015」が登場した。日テレジェニックは、日本テレビのイメージガールグループ。1年ごとにメンバーが替わり、これまで加藤あいさんや小倉優子さんらを輩出してきた、アイドルの登竜門といえる存在だ。

ジェニックの選考過程は、テレビ番組「次世代アイドル発掘バラエティー 人気者になろう!」(日本テレビ)で逐一報告されていた。ストリーミング配信が行われた9月18日は、その「人気者になろう!」最終回の放送翌日。最終回では、電話による合格発表と、発表会の様子を伝えていた。

「日テレジェニック2015」に独占インタビュー

ストリーミング配信直前、J-CASTトレンドは、日テレジェニック2015に独占インタビューを行った。2013年のジェニックに落選し、今回リベンジを果たした高崎さんは、合格発表は「2年間の思いが開放されて、夢がかなった瞬間」だったと話す。これまでも「サバイバル系の番組」に出演してきたという久松さんもまた、「無理だったときのファンや、家族の顔が浮かんで、本当にただ一言『うれしい』という気持ち」と振り返る。

久松さんの発言を受けて、菜乃花さんは「ほぼ一緒なんですけど...」とうなづきながら、「決まった瞬間、ケータイを持って泣き始めてしまった」。大澤さんは合格を伝えられ、すぐさま母親に電話した。「ずっと番組を録画してくれて、いつも『見たよ』と連絡をくれていた」のだという。

合格通知は、指定された1時間のうちに行われることになっていた。しかし熊江さんが連絡を受けたのは、発表終了時間の5分前。待ち時間には「ダメだった時のことをずっと考えていた」というが、着信があった時には思わず「ビックリしすぎて逃げちゃった」。橘花さんの今年の目標は、「新しいことに挑戦する」こと。これからはファンに恩返しするべく、「いろんなところで活躍したい」と語った。

日テレジェニック2015は、12月にユニットとしてのライブイベントを予定している。「応援ありがとうチャット」では、いままでの活動を振り返るだけでなく、水着姿でのフリートークも行われた。「HiClub」トップページによると、次回配信は10月上旬の予定だ。