ハリル、武藤の1トップ起用を示唆「真ん中で岡崎と競争してほしい」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシリア代表戦及び、国際親善試合のイラン代表戦に臨む日本代表メンバーを1日に発表したヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、FW武藤嘉紀にワントップとしてのプレーを期待するコメントを残している。

 ハリルホジッチ監督は、「ドイツでは2トップでプレーしているが、サイドでもプレーできる。可能性を広げる重要な選手だ」と複数のポジションをこなせる武藤に期待を寄せたうえで、「前節(バイエルン戦)も出場して決定的なシーンを作っていた。ゴール前での冷静さは少し足りないが、真ん中(ワントップ)で岡崎(慎司)と競争してほしいと思ってる」と述べ、最前線での起用を示唆した。

 日本代表は8日にオマーンのシーブ・スタジアムでシリアと、13日にイランのアザディ・スタジアムでイランと対戦する。