専門誌では読めない雑学コラム
【木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第23回】

 プロのトーナメントの合間に行なわれる『プロアマ競技』って、よく耳にしますよね。フジサンケイクラシックなどのプロアマには、多くの芸能人が参加し、華やかな世界を演出していますけど、そもそもあれは何なんでしょう?

 男子のトーナメントだと、木曜日から日曜日の4日間が本選の予選&決勝ラウンドとなります。その試合前日の水曜日あたりに、プロの練習ラウンドを兼ねて、大会スポンサーや関係者、その招待者が参加する、プロアマ競技が行なわれることが多いです。

「競技」と言っても、ほとんどコンペ扱い。ラウンド後のパーティーで超盛り上がるのが、お約束です。

 私も過去に何度か、プロアマに出たことがあるんですが、一番派手だったのは、1994年の『アメリカン・エキスプレス・グランドスラムゴルフ』というシニアトーナメントのプロアマでした。シニアとはいえ、世界中のトップシニアが集結して行なわれましたから、大会規模は相当なものでしたよ。

 なにしろ、会場のオーク・ヒルズCC(千葉県)にやって来たのは、かつてメジャー大会で何度も優勝を飾ってきたアーノルド・パーマー(アメリカ)やリー・トレビノ(アメリカ)など、そうそうたるメンバー。前夜祭は、美女シンガー・阿川泰子のディナーショーでしたからね。今で言うなら、女優で歌手の松下奈緒ちゃんっていったところかなぁ〜。とにかく、バブルの残り香がプンプン漂っていました。

 いざ、ラウンドというときには、なにやら前の組が騒々しい。なんと、前がリー・トレビノじゃん! プロアマとはいえ、ギャラリーが1000人以上は詰め掛けていましたか。そんな状況で、みんなはリー・トレビノのショットにクギづけですよ。

 その際、私は「すげぇなぁ〜」と感心しつつも、「ひょっとして、その大観衆の目の前でオレたちも打つの?」って、「あれぇ〜、チョロったら死んだふりをするしかないな」なんて、不安な思いを浮かべていました。が、様子をうかがっていると、リー・トレビノが打つや、ギャラリーはそのまま大移動。我々の順番が来た頃には、ギャラリーは皆無となって、妙にホッとしつつも、一抹の寂しさを感じたものでした。

 さて、派手なプロアマ競技ですが、プロがアマチュアと親睦を深め、スポンサーの支援をがっちりとつかむのが、一番のコンセプトです。そのスポンサーありきのトーナメントですが、最近は男子の試合数は激減していますね。一方、女子は超人気で、今なお年々試合数が増えています。スポンサーサイドからの評判がよく、ギャラリーサービスも万全と好評です。

 それは、なぜでしょう?

 以前、女子のメジャートーナメントを見に行ったときのエピソードを引き合いに出したいと思います。

 その試合の最終日、終盤を迎えて、あまり有名じゃない外国人選手のふたりが抜け出して、完全にどちらかが優勝する、という状況でした。すると、クラブハウスの近くでは、日本人の人気プレーヤーによるサイン会が始まっていました。

 マナーとしては、試合の途中にどうなんだろう、と思っていましたが、ギャラリーの多くはつまらなそうにしていたので、長蛇の列ができて盛り上がっていました。結果的には、サイン会をやって正解でした。

 加えて、女子プロツアーでは、プロアマも行き届いていて、何より選手の愛想がいいのが、スポンサーさんにとってはうれしいようです。このように、女子プロツアーの、ギャラリー&スポンサーに対する配慮は完璧です。

 片や、男子プロツアーは、今ひとつパッとしません。彗星のごとく現れた石川遼選手の登場で、一時はギャラリーの数も増して、世間の注目度も高まったのですが、さわやかな好青年選手による"バブル"は一瞬にして終わりを告げました。

 どこで、ボタンを掛け違えてしまったのでしょうか......。もうこの際、石川選手には、海外の試合で優勝して、婚約者と18番ホールで熱い抱擁をし、華やかさに色を添えてもらいたいです。

 過去において、男子プロはふてぶてしくて、強いのがカッコいいみたいな風潮がありました。それを、いまだに背負っている選手がいて、プロアマでもそんな態度の選手がまだいるようです。

 それじゃ、スポンサーはつきません。スポンサーが撤退すると、ますます試合数が減ってしまいます。この負のスパイラルを何としても断ち切らないと。

 できることなら、松山英樹選手や池田勇太選手には、せっかく福祉系の大学を出ているのですから、車椅子のギャラリーを手押しして案内したり、ギャラリープラザの屋台でエプロンつけてヤキソバを焼いたりしてほしいです。まあ、そこまではしないでしょうが、男子プロには、スポンサーへの配慮を高めるとともに、もっとファンのことを考えて、ファンに喜ばれるようなことをしてほしいですね。

 今のプロゴルファーには、横綱同様に「心・技・体」が求められています。優秀な選手である前に、素晴らしき人格者であれってことですよね。

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa