次から次へとダイエットの流行は変わります。なぜひとつの方法に落ち着かないのか。効き目に個人差があるのももちろんですが、やっぱり「続かない」というのが最大の理由ではないでしょうか。しかし今流行の「VB6ダイエット」は続けやすいと注目を集めていて、成功者も続々登場しています。

ビヨンセもVB6で20kgの減量に成功

VB6ダイエットとは、V(Vegan)B(Before)6(6:00)の略で、夜の6時(18時)まではヴィーガン(完全菜食主義者)として過ごし、18時以降22時までは好きなものを食べて良いというダイエット法。菜食主義にもいくつかあり、日本でイメージするベジタリアンは肉を食べないというものですが、ヴィーガンは肉、魚、乳製品や卵など動物由来のものは一切摂らないことを指します。一日のうちの2食は野菜や果物のみ、夕飯は好きなものを食べるというダイエットなので、お仕事をしている女性やお付き合いで飲みに行くことがある男性でも取り入れやすいのが流行っているのでしょう。歌手のビヨンセが出産後に20kg痩せたことで世界的に大ブームになりました。

成果を出すためにはやっぱりルールがある

夜の6時までは菜食で、夕飯は何を食べても良いといっても、ちゃんとルールはあります。

□ジャンクフードは避ける

健康的なダイエットのためには、太りやすく体に良いとはいえないジャンクフードは控えたほうが良いでしょう。

□できるだけ手作りする

自分の好きなもの、体に合ったものは自分にしかわかりません。食材を選んだり、手作りすることもダイエットのひとつです。

□夜ご飯は22時までに食べる

寝る直前に食べると消化が悪くなり、胃腸に良くありません。22時以降には身体が休息モードになり脂肪を蓄積しやすいと言われているのでそれまでに食事を終わらせましょう。

お付き合いは気にしないでOK

ダイエット中に食事や飲み会の誘いがあるとつらいもの。一番お腹が空くのも夕飯です。VB6ダイエットなら断らなくても良いので、無理なく続けられそうですよね。このダイエットが向いている人は社会人で、朝や昼はあまり食事にかける時間がないという人。そんなあなたはぜひ試してみてはいかがでしょうか。


writer:しゃけごはん