南野や柏木ら、新たな選手を招集したハリルホジッチ監督。その起用法も注目されるところだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦(10月8日/オマーン・マスカット)、国際親善試合のイラン戦(10月13日/イラン・テヘラン)に向けた日本代表の招集メンバーが10月1日に発表された。
 
 メンバーには、欧州組が本田圭佑、香川真司ら11名、国内組からは西川周作、森重真人ら12名が選ばれた。
 
 欧州組では、膝の手術から回復した清武弘嗣が代表復帰。さらにザルツブルクの南野拓実が初招集された。一方で、酒井宏樹は怪我によりメンバーから外れた。
 
 国内組では、前回怪我で離脱した槙野智章のほか、塩谷司、柏木陽介らが復帰したが、東アジアカップ以降メンバー入りしてきた遠藤航は、怪我によって今回は外れた。
 
 ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦、国際親善試合イラン戦に向けた日本代表メンバーは以下のとおり。
 
【Photo】10.8シリア戦&10.13イラン戦に向けたメンバー23人
 
GK
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
六反勇治(仙台)
 
DF
丹羽大輝(G大阪)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
塩谷 司(広島)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
米倉恒貴(G大阪)
 
MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
柏木陽介(浦和)
山口 蛍(C大阪)
柴崎 岳(鹿島)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)
 
FW
岡崎慎司(レスター/イングランド)
本田圭佑(ミラン/イタリア)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
宇佐美貴史(G大阪)
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)