JA共済の自動車共済「クルマスター」の新CMに篠原信一さんが出演

写真拡大

全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)は、2015年10月1日から自動車共済「クルマスター」の保障内容を改訂するのに伴い、柔道家でタレントしても活躍する篠原信一さんを起用したテレビCMを同日から全国でオンエアする。改訂のポイントは"シンプルでわかりやすい仕組み"と"万全な保障"の実現が図られたこと。篠原さんは、バラエティー番組などでおなじみの独特キャラクターをいかして、これらのポイントを力強くアピールしている。

"シンプル""万全"目指し10月1日から内容改訂

「クルマスター」の新CM「あんしん満載!」編は、保障内容改訂に伴うものだけに、JA共済連では「インパクトのあるもの」を企図。00年のシドニー五輪での柔道100キロ超級銀メダリストで、柔道男子日本代表監督の経験もあるなどの力強さと、タレントとして、こわもての一方ひょうきんなキャラクターで売れっ子になった"インパクト"が見込まれ篠原さんが起用された。

CMでは、柔道着を来た篠原さんが一礼すると、10人ほどに分身。ボディガードのように自動車を囲んで構え、「安心、アーップ!」と声を上げる。「クルマスター」が、たくさんの強く逞しい篠原さんに守られるのと同じくらい安心できる共済であることをアピールしている。

篠原さんは「安心に妥協なし! それがJA共済の答えです!」と力強く宣言。「自動車に関する万一の事態を幅広く保障する」というJA共済が改訂で訴えたいことを印象づけた。

撮影当日は篠原さんらは早朝から夜遅くまで1日中スタジオで過ごして収録。動きの激しいシーンで篠原さんは現役さながらの動きを見せていたという。各シーンで登場する「たくさんの篠原さん」は、少しずつ位置をズラしながら細かい動きにこだわって撮影。視聴者にとっては、それぞれの表情や動作を楽しめる展開になっている。