オリックスOBの田口壮氏【写真:編集部】

写真拡大

今季途中から森脇前監督の休養に伴い指揮、田口氏は5日に就任会見

 オリックスは1日、福良淳一監督代行が新監督に就任したと発表した。

 福良新監督は大分鉄道管理局から1984年のドラフト6位指名で阪急に入団。二塁手として、ベストナインに2度(88、94年)輝くなど活躍し、97年シーズン限りで引退した。

 98〜2000年にオリックスでコーチを勤め、05年からは日本ハムで二軍監督や一軍ヘッドコーチ、打撃コーチなどを歴任。13年からオリックスの一軍ヘッドコーチを務め、今季途中に森脇前監督が成績低迷で休養したことに伴い、監督代行として指揮を執っていた。

 また、球団OBで、大リーグ・カージナルスなどでも活躍した田口壮氏が二軍監督に就任することも発表され、5日に就任会見が行われることになった。