負傷したアンドレス・イニエスタとリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのアンドレス・イニエスタは、現地時間9月29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦でハムストリングを負傷し、途中交代となった。

 30日付けの『マルカ』によれば、バルサは9月だけで5人もの選手が負傷。現在、ルイス・エンリケ監督のもとにいる選手は、フィールドプレーヤーが15名、ゴールキーパーが2名のみとなっている。

 イニエスタ負傷の3日前にはエースのリオネル・メッシも負傷する事態に陥ってしまった。離脱中の5選手のうち、GKクラウディオ・ブラーボとDFアドリアーノが1週間以内で復帰予定とされているが、依然として苦しい台所事情は続く。

 プレシーズンも合わせ、バルセロナは80日間で16試合をプレーしており、その間にすでに12選手が合計15回怪我で一度は戦線を離れている。L・エンリケ監督は「この怪我の連続は何かの冗談としか思えなくなってきた」と語るように、今季のバルサはけがに悩まされることになりそうだ。

text by 編集部