石川遼、前半から攻めて首位に浮上!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<トップ杯東海クラシック 初日◇1日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,315ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー『トップ杯東海クラシック』が開幕。4週連続で国内大会に出場の石川遼が、前半を終え単独首位に躍り出た。
石川遼、4週間の激闘をフォトギャラリーで振り返る!
 この日、INからスタートした石川は、幸先よくスタートの10番でバーディを決めるとその後もバーディを量産。前半6バーディ・1ボギーで回り、5アンダーで単独首位に立った。
 試合前日にも「攻める姿勢をまず持つこと」と語っていた石川。その攻めのゴルフで初日の前半から飛ばしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>