2シーズン前のFA杯で戴冠を果たし、2004−05シーズンから続いた無冠時代に終止符を打ったものの、国内リーグでは11年にわたって頂点に手が届かないアーセナル。2003−04シーズンに無敗優勝を遂げたインパクトが大きかった分、近年は高揚感よりも停滞感の印象のほうが強い。

 しかし、今オフはようやく暗いトンネルから抜け出しそうな気配があった。理由のひとつ目は、長年ウィークポイントとされてきたGKに、チェルシーからペトル・チェフを獲得したこと。念願だった欧州トップクラスの守護神を迎え、もろさが散見されるディフェンスに改善の見通しが立った。そしてもうひとつは、クラブのディレクターを務めるロード・ハリスの発言だ。72歳の同氏はこう語る。

「エミレーツ・スタジアムの建設費があり、以前は補強費が限られていたが、今は違う。クラブの口座には2億ポンド(約363億円)の資金があり、今夏の補強費として1億ポンドを指揮官に渡してもいい」

 2億ポンドの資金からローンの負債などを差し引いても、今夏の補強費は少なくとも7000万〜8000万ポンド(約127億円〜145億円)と見積もられていた。チェフを皮切りにワールドクラスを獲得し、昨シーズンを上回るスカッドが完成する雰囲気はたしかにあった。かくしてアーセナルは「優勝候補の一角」として、開幕前は近年になかった期待の眼差しが向けられていた。

 ところが、である――。

 移籍市場で、アーセン・ベンゲル監督は慎重な姿勢を崩さなかった。イギリスメディアでは、カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)やエディンソン・カバーニ(PSG)ら大物ストライカー獲りが取り沙汰されていたが、即戦力の補強はチェフのみ。欧州5大リーグの1部クラブでフィールドプレーヤーをひとりも獲らなかったのはアーセナルのみで、プレミアリーグで5名以上の選手を獲得しなかったのもアーセナルだけだった。ウエストハムとのプレミアリーグ開幕戦を落とすと、優勝候補の呼び声は急速に萎(しぼ)んでいった。

 さっそくクラブOBたちは、補強戦略に異議を唱えた。ティエリ・アンリは「優勝を目指すなら、現在のチームは理想から遠い。何名か補強が必要なのは明らか」と苦言を呈すと、元イングランド代表DFのマーティン・キーオンも「序盤戦を見た限りで言えば、ストライカーが必要。ウィークポイントだ」と指揮官の考えに疑問符をつけた。

 批判の声はサポーターにも飛び火する。ファン組織『アーセナル・インディペンデント・サポーターズ・アソシエーション』は、「財政状況に見合った結果がついてこないのはおかしい」との声明文を発表。『アーセナル・サポーターズ・トラスト』も、補強計画についてクラブに質問状を送りつけている。

 補強の必要性が叫ばれていたのは、アンリが「背骨部分」と指摘していた3つのポジションだ。ひとつは、DFペア・メルテザッカーに年齢的な衰えが見えるセンターバック(CB)。左右の揺さぶりに滅法弱くなったこのドイツ代表に代わるCBのほか、MFフランシス・コクランひとりに任せきりのアンカーにも底上げが必要とされた。

 最後のひとつは、オリビエ・ジルーとテオ・ウォルコットのいずれかで編成するセンターフォワード。両者ともストライカーとして優れているが、「ポゼッションを効率的にゴールへ結びつけるワールドクラスを獲得できれば優勝に近づく」との声は、識者の間でも少なくなかった。実際、2年前にルイス・スアレス(バルセロナ)の獲得に動いていたことでも、フランス人指揮官が同様のことを考えているのは間違いない。

 それでも、補強には動かなかった――。ベンゲルはこう反論する。

「これまでの市場を見てほしい。2年前にMFメスト・エジルを獲得し、去年はFWアレクシス・サンチェスを加えた。そして、今年はチェフだ。私はいつだって投資を惜しまない。だが、難しいのは投資をする前に、投資すべき選手を見つけることにある。補強選手は、チームを確実に強化できる者でなければいけない」

 フランス人指揮官の考えは明快だ。ワールドクラスの選手を適正価格で獲得する。しかし、札束攻勢をかけてまで無理な補強は行なわない。インフレ傾向にあった今夏の市場では、補強を見送ったまでのこと......。そういうことである。

 こうしたベンゲルの堅実な考え方は、マンチェスター・ユナイテッドが出来高を含めて総額5800万ポンド(約107億円)もの大金で獲得したFWアントニー・マルシャルに関するコメントからもうかがえる。

「まだ19歳の若者にすぎない。しかも、リーグ・アンで通算11ゴールを決めた実績しかない。移籍金は明らかにオーバープライス。金額の大きさからわかるように、ビッグクラブを強化できる人材が市場で不足しているということだ。移籍が可能な選手なら、その数はさらに減る」

 フランスのストラスブール大学で経済学を学び、アーセナルのクラブ財政にも深く関わるベンゲルからすれば、適正価格に余分な資金を上積みしてまで補強するほど、ナンセンスなことはないのだろう。

 だが同時に、マンチェスター・シティが総額1億5500万ポンド(約282億円)、マンチェスター・ユナイテッドが1億1200万ポンド(約203億円)もの資金を市場で投下しているのも事実である。アーセナルが投資したのは、チェフに費やした1000万ポンド(約18億円)のみ。当然、タイトルは金だけで買えないが、消極的な姿勢に対してスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』は、「ライバルたちの補強を、指をくわえて見ていただけ」と切り捨てた。

 理想を追い求めるべきか、それとも現実を直視すべきか──。ベンゲルにまつわる議論はしばらく続きそうだと、そんなことを考えながら取材したチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節のオリンピアコス戦で、ホームのアーセナルは2−3で敗れた。

 ディナモ・ザグレブとの第1節を落とし、背水の陣で臨んだはずだが、序盤からチグハグなプレーに終始。守備陣がもろさを露呈し、3失点を許して連敗した。

「まだグループリーグ突破の可能性は残されている」と指揮官。しかし、その厳しい表情が、目指す道の険しさを物語っているようだった......。

田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke