友情、努力、勝利、そして恋を個性派キャストで描く

写真拡大

佐藤健、神木隆之介ダブル主演の映画「バクマン。」が2015年10月3日から全国の映画館で公開される。

高い絵の才能を持ちながら将来に夢を持たず、普通に暮らしていた高校生・真城最高(ましろ・もりたか=サイコー)。ある日、文才のあるクラスメイト・高木秋人(たかぎ・あきと=シュージン)から、コンビを組んで漫画家になるよう誘われる。当初は拒絶するが、声優を目指す片想いのクラスメイト・亜豆美保(あずき・みほ=アズキ)と、互いの夢が実現したら結婚する約束をして漫画家の道を志す。

週刊少年ジャンプ編集者・服部哲に見いだされ光明が見えてきたときに、弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才・新妻エイジら新進気鋭のライバルが次々と現れる。果たして2人は連載を勝ち取れるのか!?

大場つぐみ原作・小畑健作画の同名コミックを「モテキ」の大根仁監督が映画化。サイコーを佐藤、シュージンを神木、ヒロイン・アズキを小松菜奈、ライバル・エイジを染谷将太が演じる。そのほか桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキーなど個性的なキャストが一堂に会する。