Twitter、アプリインストールを促進する動画広告「ビデオアプリカード」を開始。β版ではコンバージョン3倍も!

写真拡大

モバイルアプリのTwitter広告で動画を扱うことができる「ビデオアプリカード」の提供を開始しました。https://t.co/G1JKGcNSBc https://t.co/ylilfJ60mX

- Twitter Ads Japan (@TwitterAdsJP) 2015, 9月 25

「ビデオアプリカード」では、タイムライン上で動画が自動再生されるほか、動画再生画面から直接アプリをインストールできるようになり、アプリインストールをさらに促進できるとのこと。事前のベータテストではコンバージョンを3倍に伸ばしたブランドもあり、アプリの紹介を動画で実施することで、よりユーザーの興味を喚起できることが明らかになっています。

ターゲティングに関しては、Twitterが提供する 興味/関心、キーワード、デバイス、地域、テイラードオーディエンス(旧カスタムオーディエンス)などのターゲティング項目を活用し、アプリに興味を持つ最適なユーザーに最適なタイミングでリーチすることができます。「ビデオアプリカード」の開始によって、今まで以上にコンバージョンの向上が期待できるでしょう。

以下が、一部広告主による効果検証の結果です。モバイルアプリのインストール数や利用者一人あたりの収益の増加、顧客維持にどれほど影響があるかを数カ月にわたり検証しています。

◆マッチングアプリのLOVOO :
アプリ内のコンバージョンと顧客維持が大きく向上

当社はビデオアプリカードが見込顧客にアプリのリッチなプレビュー体験を提供できる、一番有効な広告であると実感しました。ビデオアプリカードを使えば見込顧客に実際のアプリの内容をインストールの前で見せることが可能なため、高いインストール率や顧客維持率が実現できた他、インストールユーザーのLTV (顧客生涯価値) 向上に繋がりました。 またビデオアプリカードは、Twitter上のモバイルアプリプロモーション広告と比べて、10%以上のROI向上に効果がありました。
―Lorenzo Rossi氏 LOVOO社 Performance Marketing Manager

◆次世代ゲーム開発会社のScopely :最初の1週間で4百万ダウンロードを獲得。Scopelyの全体のゲームタイトルの中で6回連続1位に

当社ではTwitter広告のターゲティング性能を最大限活用しています。ゲームのコアユーザーだけでなく、テイラードオーディエンスも使って人気のテレビドラマ「ウォーキング・デッド」の熱狂的なファンにもリーチしています。Twitter上ではクリエイティブなコンテンツが人気があるため、「ウォーキング・デッド サバイバルへの道」アプリ用の高品質な動画を制作しました。その結果、コアなゲームユーザーはインストールする前に高品質なプレビューを確認できるため、スムーズにインストールすることに繋がりました。新規顧客獲得のコストは20%減少し、同時に利用者一人あたりの収益は20%も改善しました。
―Eric Ma氏 Scopely社 Director of User Acquisition

◆ゲームスタジオのmiHoYo:コンバージョン率が3倍に向上

ビデオアプリカードを活用することでコンバージョン率は3倍に伸び、CPIは約40%も下がりました。ROASも通常時より3倍改善しており、今後共Twitterを活用したアプリのプロモーションを実施していきます。
―李思硕氏 株式会社miHoYo 代表取締役 CEO