積極的な介護予防でフレイル対策を! Rawpixel/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 加齢に伴い、これまでできていたことができなくなったという話はよく聞く。度重なるもの忘れ、駅まで10分で歩いていたのに休み休みで20分かかるようになった、疲れやすくなり以前のように家事ができないなど――。

 それが理由で、外出したり人と会ったりするのも億劫になり、家に閉じこもってしまうことも少なくない。こんな状態になってしまうと、家族も「もう歳だから......」と、さらに弱っていくのを見守るしかなかった。そして、その先には、入院や要支援・要介護の状態が待っているはずだった......。ところが!

元気な頃に戻れるのか?

 これまで高齢者が陥る「虚弱」、あるいは「老衰」「衰弱」と思われていた状態について、日本老年医学会が「フレイル」という新たな言葉を提唱した。そして、この言葉を得たことにより、適切な介入によって「虚弱」や「老衰」から健康な状態に戻ることができるのだという。

 英語のFrailtyを元につくった「フレイル」は、健康な状態から要介護状態へ向かう中間地点の段階のこと。要するに、ほうっておけば転がり落ちるように要介護へと転ずるが、しかるべき対応により健康になる可能性があるのだ。

 アメリカのフレイルの評価方法は次の5つだ。

□体重が減った。
□歩く速度が遅くなった。
□握力が落ちた。
□疲れやすくなった。
□出かけなくなった。

 このうち3項目にチェックがつけばフレイルといえるそうだ。ロコモティブシンドロームやサルコペニアなど身体機能の低下だけでなく、閉じこもりがちになった(社会的)、意欲や認知機能の低下(精神的)など、フレイルは多面性を持っている。

 そして、この状態から抜け出すためには「適切な介入」や「適切な対応」が必要だ。ところが、2015年の介護保険改正により「要支援1・2」については自治体が取り組む「地域支援事業」となった。

 当然、自治体によって温度差が出ることは否めない。フレイルはこの「要支援1・2」の段階なので、地域の取り組みをただ黙って待っていては、待っているうちに要介護状態になってしまうかもしれない!

 そこで、人任せにせず自らフレイルから抜け出す努力をすべきだろう。その方法とは?

自分で家族で! フレイル予防

 国立長寿医療研究センターの荒井秀典副院長は、次の点を挙げている。

1)タンパク質とビタミン、ミネラルを含んだ食事を摂る。
2)ストレッチ、ウォーキングなどの運動を行う。
3)肺炎などのワクチン接種を受ける。
4)社会参加を行う。
5)主治医と相談して薬の数を整理する。

 メタボリックシンドローム対策のために、ヘルシーな食生活を送っていいのは65歳まで。後期高齢者がそういった食事のままでいるとタンパク質が足りずに筋力が落ちることになる。3度の食事には、必ず肉、魚、卵、乳製品、大豆製品などタンパク質の食品が入るように気を配りたい。

 また、運動も散歩だけでなく、テーブルにつかまってのスクワットなどの筋トレを意識して行う必要がある。一人暮らしの人は自分で、家族と同居している人は家族の協力を得て「フレイル予防」に取り組もう。

 厚生労働省によると、介護の必要なく生活できる健康寿命と平均寿命の差は、男性9.13年、女性12.68年。つまりこの年数は、介護を受けざるを得ない期間を示している。

 現在の日本では、介護や介護予防にかかる費用は8兆円超だ。介護が必要となる年数を減らすため、フレイルの段階での対策が求められている。自分のためにも、ぜひ!
(文=編集部)