C・ロナウド、ラウールに並ぶクラブ最多323得点達成…レアルがCL2連勝

写真拡大

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節が9月30日に行われ、マルメとレアル・マドリードが対戦した。

 CL第1節でシャフタールと対戦し4−0で快勝したレアル・マドリード。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成しCL通算最多得点記録を80ゴールに伸ばしていた。しかし、C・ロナウドはその後のリーガ・エスパニョーラ3試合で不発。チームも26日に行われたリーガ第6節のマラガ戦では、今シーズン2度目のスコアレスドローに終わっている。今試合は、スウェーデン・マルメのホームに乗り込んでの一戦。公式戦4試合ぶりのゴールに期待がかかるC・ロナウドは先発出場している。

 前半はレアル・マドリードが決定機を作る。16分、ペナルティエリア内左の深い位置でボールを収めたカリム・ベンゼマが、マイナスの折り返しを入れる。中央でフリーとなったC・ロナウドが右足のダイレクトシュートを放つが、GKヨハン・ビラントにセーブされた。すると、レアル・マドリードの攻撃は29分に実った。マテオ・コヴァチッチからのパスをエリア前中央で受けたイスコが、反転して相手の股を抜くスルーパスを送る。右サイドのC・ロナウドが反応し、エリア内右に抜け出すと、GKとの1対1を落ち着いてゴール左隅に沈めた。得点を決めたC・ロナウドは、プロキャリア通算500ゴールを達成している。

 42分、レアル・マドリードは、セカンドボールに反応したダニエル・カルバハルがエリア内右でダイレクトシュートを放つが、クロスバーに弾き返された。前半はレアル・マドリードの1点リードで折り返す。

 後半もレアル・マドリードが主導権を握るが、なかなか追加点は生まれない。するとマルメは74分、右サイドからのクロスに、マルクス・ローセンベリが頭で合わせるが、シュートは枠のわずかに左へ逸れた。だが78分、マルメはヨシマール・ヨトゥンが2枚目のイエローカードを受けて退場となった。数的有利になったレアル・マドリードは80分、エリア内中央でパスを受けたC・ロナウドが、ワントラップから振り向きざまに右足シュートを放つが、ビラントの好セーブに阻まれる。

 さらにレアル・マドリードは85分、ルカ・モドリッチのスルーパスに反応したC・ロナウドが、エリア内中央で右足を振り抜くが、シュートはまたもビラントに右手1本で弾き出された。だが90分、レアル・マドリードは試合を決定づける追加点を獲得。カルバハルのスルーパスでエリア内右に抜け出したルーカス・バスケスが中央へ鋭い折り返しを入れる。ニアサイドに飛び出したC・ロナウドが、左足で押し込んでゴールネットを揺らした。C・ロナウドはレアル・マドリードでの通算得点を323ゴールに伸ばし、元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスの保有するクラブ歴代最多得点記録に並んでいる。

 試合はこのままタイムアップ。C・ロナウドの2ゴールでレアル・マドリードが2−0の勝利を収め、CL2連勝となった。一方のマルメは、前節のパリ・サンジェルマン戦に続いて2連敗を喫している。

 レアル・マドリードは次節、10月21日にアウェーでパリ・サンジェルマンと対戦。一方のマルメは同日にシャフタールをホームに迎える。

【スコア】
マルメ 0−2 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 29分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
0−2 90分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)