バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、負傷で離脱しているリオネル・メッシの不在を嘆きながらもチームに自信を持っている。28日付の『マルカ』が報じた。

 メッシはラス・パルマス戦での負傷で6〜8週間ほど戦列を離れることが予想される。「彼がいない影響は我々に取って非常に大きい。世界最高の選手がいないのは痛い」としながらも「モチーベーションにもなる。今までプレーしていなかった選手には新しい扉が開かれたわけだし、メッシがいない分、さらに良いプレーをしたいと思う」と意気込みを語った。

 さらに、「チーム内でのメッシの重要度はみんなわかっている。しかしバルセロナというチームを100%信頼している」と、自分たちのプレーに自信を持っており、バルサのサッカーやフィロソフィーに変化はないと強調した。

 ラキティッチの言葉通り、メッシを欠いたバルサはチャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦で見事な逆転勝利を収めている。

text by 編集部