NTTドコモが通話料の値下げで300億円の減収見込み 利益目標は堅持

ざっくり言うと

  • 定額通話の月額料金を1700円に値下げすると発表したNTTドコモ
  • 平成28年3月期連結決算で、200億〜300億円の減収要因となる見込みだという
  • 一方、iPhone 6sの発売などにより、利益目標6800億円は堅持するとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング