プロ2年目上林が二塁打2本&逆転2ランも競り負ける

 ソフトバンクの中田賢一投手が30日、本拠地での楽天戦で8回5安打3失点で7敗目(9勝)を喫し、2桁勝利を逃した。2-1と1点リードで迎えた8回に銀次に逆転の1号2ランを浴びた。圧倒的な強さでリーグ連覇を飾ったホークスは2-3で敗れ、今季初の4連敗。クライマックスシリーズに一抹の不安を残す内容となった。

 中田は3回、1死から連打を浴びて一、三塁とされると福田の犠牲フライで先制点を献上。7回、味方打線がようやく反撃し、「1番・センター」でスタメン出場したプロ2年目の上林が2死二塁からライトへ2号2ランを放って逆転に成功する。

 しかし8回、中田は先頭の西田を空振り三振に仕留めたが、岡島に四球を与えると、2死一塁となった場面で銀次に痛恨の被弾。逆転を許した。

 そのまま競り負けて敗戦。この日は上林が二塁打2本と本塁打、中村晃も4安打と結果を残したが打線は2得点のみで、先発の中田も踏ん張れなかった。死球を受けた柳田が大事を取って4試合連続で欠場する中、今季初の4連敗を喫した。