Airbnbがロシアのハードウェアメーカーを買収した理由

写真拡大

AirbnbがロシアのLapka社を買収した。高次元のユーザー体験を生み出し人の住まいのプラットフォームとなったAirbnbは、世の趨勢よろしくIoTの分野でリードしようというのか。

Lapka has been acquired by Airbnb http://t.co/r7Tkdba24y pic.twitter.com/Q5Bq6Rzy0V

「Airbnbがロシアのハードウェアメーカーを買収した理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

— Lapka (@myLapka) 2015, 9月 29

AirbnbLapka社を買収した。

空き部屋を活用した宿泊サーヴィスのAirbnbについてはもはや説明するまでもないだろう。しかし、Lapka社については説明が必要かもしれない。

Lapka社は、ロシアの小さなデザインスタジオで、一風変わった美しいセンサーセントリックなガジェットを制作している。スマートフォンを利用したアルコール検知器や、放射線や湿度などの環境データを検知する木とセラミックでできたブロックのほか、最近ではグーグルのモジュール式スマートフォン・Ara用につくられたセンサノードのコンセプトモデルも発表している。

今回の提携が何を生むのかについては、手がかりが少ない。今回の買収はLapkaのユニークな人材を引き入れることが目的であり、Airbnbがデヴァイス事業に足を踏み入れるきっかけにはならないとされている。つまり、Airbnbブランドのアルコール検知器が宿泊するヨーロッパの物件で見られるようになるわけではない、ということだ。

Airbnb共同創設者兼最高商品責任者のジョー・ゲビアは、「Lapkaが最初の商品を発表したときから、その美しさと形、開発ストーリーを組み合わせたその印象的なデザインの感性に惹かれていました。彼らは粘り強さがあって、未来の創造に向かっている。人々がどこにでも居場所を見つけられるような世界をつくるべく、Airbnbで一緒に仕事ができることにワクワクしています」と記している。Airbnbは、現時点でこれ以上コメントすることは控えており、契約条件も明らかにしていない。

一方Lapka社のブログでは、創設者ヴァディク・マルメラドフが次のように書いている。「Lapkaは、特定のデヴァイスやサーヴィス、カテゴリーなどへの投資に興味をもってはいませんでした。かわりに重きをおいてきたのは、人々が気持ちよく、また夢中になって関われる、“調節可能なライフスタイル・ブランド”をつくることです。わたしたちには医療機器をつくるつもりなど決してなく、また言葉で説明できるものでもないのです。この考え方はこれからももちつづけることでしょう。未来はまだまだ続いていきます」

とはいえ、Lapka社がハイエンドな工業デザインを多くの人々に提供する目標を実現するのにAirbnbは助けになるだろうし、ユーザーはいままでよりもさらにシームレスな旅行体験ができるようになるのは間違いない。

「パーソナル環境モニター」として空間の放射線量や電磁波などを測定できる「Lapka」。こちらの記事でもその内容を説明している。

TAG

AirBnBBusinessDesignM&AWIRED US