マンチェスター・ユナイテッドのMFマイケル・キャリック【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督が、30日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ヴォルフスブルク戦でイングランド代表MFマイケル・キャリックを含む数選手を起用しない可能性を示唆した。29日にクラブのオフィシャルサイトでコメントを発表している。

 ファン・ハール監督は会見で「マイケル・キャリックは明日の試合に出場しないだろう。(アンデル・)エレーラと(アントニオ・)バレンシアについては、状態を見極めないといけない。彼らは軽傷を負ったので、リスクは冒せない」と語り、3選手が欠場する可能性を明かした。

 キャリックは今季公式戦9試合に出場し、中盤を支えている。軽傷であることから長期離脱の可能性は低いと見られているが、ブンデスリーガで今季4位につけているヴォルフスブルクを相手に副主将のキャリックを起用できないことは、ユナイテッドにとっては痛手かもしれない。

 また、サウサンプトン戦で負傷したアルゼンチン代表DFマルホス・ロホに関しても欠場が濃厚だとされている。怪我人が増えてきているユナイテッドではあるが、前日にはアーセナルとチェルシーがCLで敗戦しているだけに、プレミア勢の維持を見せたいところだ。

text by 編集部