テクノロジーの未来を読者と考える人気企画「#maketechhuman」が日本でも始まる

写真拡大

「テクノロジーを本当に人の役に立つものにするために、これから何ができるか?」。US版『WIRED』がノキアとともに立ち上げた読者参加型の人気企画「#maketechhuman」の国内版が始まる。

「テクノロジーの未来を読者と考える人気企画「#maketechhuman」が日本でも始まる」の写真・リンク付きの記事はこちら

「#maketechhuman」とは?

今年の3月にUS版『WIRED』がノキアとともに立ち上げたキャンペーン「#maketechhuman」では、ビジネス、経済、デザイン、科学など、各界から選りすぐりのエキスパートが参加し、読者とともにさまざまな議論が繰り広げられてきた。

本日より『WIRED』日本版でもこのキャンペーンを始めるのだが、まずはUS版でのこれまでの取り組みを紹介しよう。

ノキアのマーケティングのトップを務めるバリー・フレンチは、アメリカでの立ち上げの際に次のように述べている。

「テクノロジーはこれまで、生産性、利便性、コラボレーション、クリエイティヴィティの飛躍的な向上に貢献してきましたが、セキュリティーやプライヴァシー、われわれの仕事に関しても多大な影響を及ぼしてきました。生活におけるテクノロジーの役割が増大し続けるなかで、人類のためにテクノロジーが使われるのであって、その逆ではないことを確信できるような議論をそろそろ始めるべきではないかと思ったのです」

キャンペーンタイトルにハッシュタグがついていることからも分かるように、Twitterではさまざまな意見が飛び交った。また、ティム・バーナーズ・リーがRedditの人気コーナー「Ask Me Anything(〇〇だけど質問ある?:AMA)」に登場し、インターネットでのプライヴァシーやモラルハラスメントなどについて、ユーザーから寄せられた多くの質問に本人が回答した。人工知能の発展に警鐘を鳴らすスティーヴン・ホーキング博士も同コーナーに登場し、世界中から9,000以上の質問が寄せられた。

テクノロジーは「誘惑」を増やすのか、減らすのか? 各界の専門家たちが白熱した議論を展開した。

AIやロボティクス、デザインに精通するエキスパートが集まったラウンドテーブル・セッションでは、経済行動学者のダン・アリエリーが、いまの世の中はさまざまな「誘惑」が増えていることを不安要素として挙げた。例えば、ドーナッツは多くのカロリーを摂取できるので、テクノロジーによってドーナッツ・ビジネスが発展すれば途上国の食糧問題の解決につながるかもしれないが、その一方で先進国では肥満などの健康上の問題を招く原因になることを述べた。

それに対して「fuseproject」のデザイナー、イヴ・ベアールは、「そうした誘惑に打ち勝つインテリジェンスとテクノロジーを人々は身につけ始めている」と反論した。デザインの世界では、自分の身体の健康状態を測るデヴァイスなどに取り組む人が増えてきていて、誘惑を生み出す世界からは遠ざかり始めているという。

日本でこのキャンペーンを行う意義とは?

とにかく議論はAIから経済、あるいはネット上のプライヴァシーや倫理まで幅広い。決してそう簡単に解決できるわけではないが、「議論すること」が大事なのだ。

そこで『WIRED』日本版でも、ノキアとともに本日9月30日(水)より日本で「#maketechhuman」を立ち上げることにした。US版『WIRED』の取り組みとは少し異なり、著名な専門家を招いて公開討論を行うのではなく、読者の意見を一度編集部に集約して、12月1日発売の誌面で発表する予定だ。そのまとめ役として、「Slush Asia」代表のアンティ・ソンニネンに協力してもらえることになった。

ノキアと同じフィンランド出身のソンニネンによると、フィンランドには「建前」という概念はなく、誰もが本音で言いたいことを正直に言う文化が息づいているのだという。その特徴は数字も証明していて、報道の自由度を測る指標「Press Freedom Index」では180ヵ国中、トップランクだ。(ちなみに日本は61位である)

「世界一本音が言える国」を代表する企業、ノキアとともに、日本で議論を盛り上げる意義はどこにあるのか、ソンニネンに訊いた。

「高度経済成長期の日本は、世界に追うべき存在があって、従来の製品を改善することが成功への近道でした。そこに物事を疑う余裕はなかったのでしょう」と彼は語る。「しかし、いまは世界をリードする立場です。もっと物事を疑って、自由に意見を世の中に発信して、どんどん新しいことに挑戦するべきだと思います」

疑って、まだ誰もやっていない新しい挑戦をして、失敗を繰り返していくなかで、世界をリードするイノヴェイションは生まれるのだというわけだ。

「#maketechhuman」日本版、募集開始!

日本では次の問いをみなさんに投げかけます。主張でも、不安でも、疑問でも、前向き後ろ向き問わず、お寄せください。

問い: 未来の都市のテクノロジーに対して何を期待し、何に不安を感じているか?
例) AIと労働力、情報化社会と監視社会、外国人の流入とダイバーシティ、自律走行車と都市デザインなど

募集期間 : 2015年9月30日(水)〜11月30日(月)

>>意見の投稿はこちらから

本日から始まるオンラインでの意見の募集に加えて、10月13日(火)に開催する1dayカンファレンス「WIRED CITY 2015」にソンニネンが登壇し、そこで来場者からも意見を集める予定だ。

「『#maketechhuman』の場を使って、ぜひ日本でも新しいイノヴェイションを起こすきっかけを生み出していければと思います」とソンニネンは言う。「みなさんの貴重な意見をとても楽しみにしています!」

未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、”都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。