「SAbR(セーバー)」――。

 去る9月13日に閉幕した今年の全米オープンの流行語と言えば、このひと言に尽きるだろう。

「どういう意味だろう?」と英和辞書を調べた方がいたとすれば、見当たらないのも当然。これは、「Sneak Attack by Roger(ロジャーによる奇襲)」のイニシャルから取った造語であり、名付け親は他ならぬ、「ロジャー」その人。つまりは世界ランキング2位にして、今回の全米オープン準優勝者である、ロジャー・フェデラー(スイス)である。

 スニーク・アタック――。「忍び寄るような攻撃」の一の矢は、相手がセカンドサービスのトスを上げたまさにそのとき、音もなく放たれる。ベースラインから前方に走り出したフェデラーは、サービスがコートを叩くやいなや、大胆かつ繊細なラケットワークで跳ね際のボールを返球。さらにフェデラー自身は走る足を止めることなく、瞬(またた)く間にネット際へ。サーバーにしてみれば、打った直後にはボールがすでに自分のコートに打ち返され、しかも目の前には瞬間移動したかのようにフェデラーが立ちはだかっている。

 多くの者はその状況に慌てふためき、あるいはフェデラーの姿に畏怖するかのようにボールを打ち損じてしまう。もしくはなんとか打ち返せても、フェデラーの水も漏らさぬボレーの網の餌食(えじき)となる。9月のニューヨークのセンターコートで幾度も披露されたこの美技に、世界中のテニスファンは興奮と恍惚が交錯する視線を送った。

「フェデラーは作戦や自分のテニスを変えながら、またテニスを楽しんでいるのが伝わってくる。ここにきてまた強くなりそうな感じがあるので、やっぱり尊敬できる」

 錦織圭も、フェデラーに改めて畏敬の念を覚えていた。

 結果として全米オープンを制したのは、その妙技をたずさえたフェデラーを頂上決戦で破ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)だ。今季、全仏オープンを除く3つのグランドスラムを制し、全仏でも決勝まで勝ち進んだこのジョコビッチこそが、現在の男子テニス界を統(す)べる絶対的な存在であるのは疑いようがない。

 だが同時に、一層スピード感を増した速攻テニスをひっさげて決勝まで駆け上がったフェデラーが、「ストップ・ザ・ジョコビッチ」の最右翼に名乗りを上げてきた。今年8月で34歳を迎えたテニス界・伝説の男は、敬意と同時に過去の存在と連想させる「レジェンド」という言葉を拒絶し、「挑戦者」として飢餓感をたぎらせている。

 このフェデラーの復調に象徴されるように、今季のグランドスラムも終わってみれば、ベテラン勢がその牙城の強固さを誇った。28歳のジョコビッチは4大会すべてで決勝に進出し、フェデラーも2大会で準優勝。ジョコビッチと同い年のアンディ・マリー(イギリス)は4大会のうち3大会でベスト4(全豪オープンは準優勝)に進み、今季の全仏オープン王者で30歳のスタン・ワウリンカ(スイス)もウインブルドンを除く3大会でベスト4以上に進出している。

 新ビッグ4――。今年の全仏オープンごろから、このような言葉がプレスルームやメディア上で再三見られるようになった。だがそれは、従来のビッグ4の中核を成すラファエル・ナダル(スペイン)が、今季は一度もグランドスラムでベスト8より先に進めなかったことに由来する。

 昨年末に彼を苦しめた虫垂炎、そしてもはや慢性化しているひざの古傷による長期離脱以来、ナダルはかつての輝きを取り戻せずにいる。「自信の喪失」「試合中のメンタリティの維持」。ナダルは自らの問題点としてこれら精神的な側面を列挙し、フィジカル面の衰えは否定した。もっとも、数年前のフェデラーしかり、昨年のマリーしかり、わずか1シーズンの成績により、彼ら超一流アスリートのその後を占うのはナンセンスだ。はたしてナダルがどこに向かうのか......その真価が問われるのは、ここから先の1年だろう。

 その五里霧中のナダルに代わり、「新ビッグ4」に名乗りを上げたのが30歳のワウリンカという点にこそ、昨今のテニス界の趨勢(すうせい)が色濃く映し出される。さらに、新ビッグ4以外のグランドスラム・ベスト4進出者を見てみても、30歳のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)、30歳のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)、そして29歳のリシャール・ガスケ(フランス)とベテラン勢の名が並ぶ。数年前より叫ばれて久しい「世代交代の機」は、いまだ訪れていないのが現状だ。

 なぜ、ベテラン勢の支配が続くのか......。この難問を解くための議論はここ数年で何度も交わされ、選手たちも会見などで幾度もそれらの問いに答えてきた。概要をまとめるなら、トレーニングや食事療法の向上によりフィジカル面の寿命が延び、そうなると技術と経験を強靭な肉体に詰め込んだ選手が有利になる......というのが、もっとも主流を占める解答だ。ラケットなどのテクノロジーの向上によって、その時々のニーズに応じた用具を手に入れられるというのも、多く聞かれる声。たしかにフェデラーは、ラケットを変えて再浮上した好例と言える。

 そしてもうひとつ、インターネットの普及や世界そのもののグローバル化により、旅のストレスや負担が減ったことも、選手寿命が延びた理由として忘れてはならないファクターだ。今や世界のどこにいても、母国の家族や友人とつながっていることができる。訪れた先々で祖国の人々に出会ったり、慣れ親しんだ味を堪能することも容易になった。

 かつて伊達公子は26歳でツアー生活の限界に突き当たったが、そんな彼女自身が今や旅を楽しんでいる。元世界1位のピート・サンプラスも、ツアー生活に疲弊したのが引退を決意した大きな原因だと言っていた。それらコート外の障壁が減った今、上位選手は確実に長く充実したキャリアを謳歌している。

 かくして今季のグランドスラムはすべて終わったが、ここからシーズン終盤までの約2ヶ月間は、来季への流れを形勢する期間だとも言えるだろう。東京開催の楽天ジャパンオープンを含むATP500、そして上海やパリ開催のマスターズ1000、そしてシーズンの終幕を飾るロンドン開催のATPワールドツアー・ファイナル――。それらの大舞台で頂点に立つ新たな「誰か」が出現すれば、それは間違いなく、盤石に見えるビッグ4、もしくは新ビッグ4のメンタルに一石を投じるはずだ。

 その誰かが、「世界1位への挑戦権を持っていることをうれしく思う」と笑みをたたえる幸福な挑戦者――錦織圭であることを願いながら、これからの数ヶ月を過ごす。

内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki