バルセロナのルイス・エンリケ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのルイス・エンリケ監督はファンにより多くのサポートを求めている。29日、アメリカ『ESPN』が報じた。

 チャンピオンズリーグ(CL)レバークーゼン戦に2-1と勝利したバルセロナだが、試合終了後のインタビューでエンリケ監督はファンへの不満を示唆した。「このチームはもっと信頼され、称賛されるに値する。彼らは昨季リーガ、コパ・デル・レイ、CLの三冠を成し遂げた」とコメントしている。

「我々は0-1でいる時、より多くのサポートが必要だった。1-1の時も少なく、2-1になっても必要だった」

 バルセロナは今季セルタに1-4で敗れるなど勝利を重ねているものの内容に不安が感じられる。レバークーゼン戦でも先制され、80分までリードを許していた。

 エンリケ監督は度々その守備的なスタイルから現地メディアとファンに批判を浴びている。昨季は三冠という結果で黙らせることに成功したが、今季も継続してタイトルを獲得することはできるのだろうか。

text by 編集部