【女子力UPレシピ】焼き芋をリメイクしてとってもキュートな1品を作ろう☆ 時間がないときのおもてなしにもピッタリだよ!

写真拡大

ほんのり甘い焼き芋は、この時期ならではのおいしさ。みなさんはホクホクした紅あずま派? それともしっとりした食感の安納芋派でしょうか? そのまま食べてもおいしい焼き芋ですが、少し手を加えるだけで、オシャレな一皿になるんです!

とーっても手軽に作れちゃう焼き芋のリメイクレシピを米ライフスタイルメディア「martha stewart」を参考にご紹介します。

コンビニやスーパーで手に入る焼き芋を使えば、あっという間に作れちゃいますよ。

【用意する材料】
焼き芋、オリーブオイル、玉ねぎ、スイスチャード(ほうれん草or小松菜で代用可)、アボカド、レモン、塩

【作り方】
1. フライパンを中火にかけて、スライスした玉ねぎ、カットしたスイスチャードを加え、軽く塩を振り、材料がしんなりするまで炒めます。アボカドは半分に切ってから種を取ってスライスしたら、塩をパラリ。

2. 焼き芋は縦半分に切れ込みを入れて、フォークで中身をほぐしてから塩をふります。炒めた野菜、アボカドの順にのせてからレモンを絞りかけて出来上がり。

スイスチャードは西洋料理に使われることの多い、ビタミンCたっぷりのお野菜です。手に入りにくければ、ほうれん草や小松菜で代用してもOK。

焼き芋を使えば5分程度で完成するので、忙しい日の夕食にピッタリです。また、サワークリームやチーズを添えればおもてなしの一品としてもよさそう。

時間に余裕があるときには、旬のサツマイモを皮ごとオーブンで柔らかくなるまで焼き上げた「自家製焼き芋」で作ってみるのもいいですね! 焼き芋の可能性が広がりそうなリメイクレシピ、みなさんもどうぞお試しください。

参照元:marthastewart.com
執筆=sweetsholic (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む