最新ポラロイドカメラの「カメラだからこそ」できること

写真拡大

ポラロイドがこのほど発売した、手のひらサイズでシンプルな、インク不要のインスタントカメラ。魅力的なデザインを担当したAmmunition社のデザイナーが語る。

「最新ポラロイドカメラの「カメラだからこそ」できること」の写真・リンク付きの記事はこちら

最近の写真は、デジタル化された一時的なものとなり、「大切な記念の品」ではなくなった。無造作にスクロールやタップをしながら毎日何百枚も写真を見るものの、それぞれのことはすぐさま忘れていくような世界において、シリコンヴァレーのガジェットデザイナー、ロバート・ブルンナーはこう問いかける。「価値のある何かを、どうやって復活させたらいいのだろうか?」

ブルンナー氏がこんな問いかけに思いを巡らすのには理由がある。ポラロイドが同氏の会社の顧客だからだ(同氏が創設し社長を務めるAmmunition社は、ほかにもBeatsやNook、Obi Worldphoneなども顧客にしている)。

ブルンナー氏とAmmunitionチームは、ポラロイドとともに、同社の製品を再定義し始めた。レトロなインスタントカメラを、常にスマートフォンを携帯する現代の人々に合わせる仕事だ。その最新の取り組みが「Polaroid Snap」(99ドル)だ。

Polaroid Snapは、昨年発表されたアクションカメラ「Polaroid Cube」とインスタントモバイルプリンター「Zip」に続いて、Ammunitionがポラロイド向けにデザインした第3の製品だ。現代的なインスタントカメラであり、従来モデルと違ってインクカートリッジを使用せず、ZINK Imagingが開発した、インクなしで印刷できる技術を採用している。専用紙の表面にコーティングされた染料結晶層が、プリンターが発する熱に反応して画像を作成する仕組みだ。

Polaroid Snapは変わったカメラだ。ブルンナー氏が言うところの「専用のオートフォーカスカメラの必要性が感じられなくなっている時代」のオートフォーカスカメラであるうえに、編集ができない。「Instagram」でもできるレヴェルの編集すらできないのだ。カラー、モノクロ、セピア色の3種類からフィルターを選べるボタン以外、画像のカスタマイズ機能はない。

だが、他のインスタントカメラと異なり、ちょうどスマートフォンのように、ポケットに入るほど十分スリムで小型だ。1970年代風のずんぐりした筐体とヴィンテージ風のポップアップ式フラッシュバルブが特徴だった過去の製品とはまったく違う。

単純な機能と手のひらに収まるサイズは、意図的なものだ。「通常の流れに逆らった、スイス・アーミーナイフ的な技術をめざすアプローチにわれわれは関心をもっています」とブルンナー氏はいう。「このカメラはユニークなモノなのです」

このユニークな「モノ」は、使いやすいシンプルな機器でありながら、すぐに印刷して写真を冷蔵庫に飾れるというレトロな喜びを与えてくれる。カメラの筐体さえも、そのことを物語っている。ブルンナー氏とシニアデザイナーのジョナス・ラーガーシュテットは、Polaroid Snapをできるだけ漫画っぽいデザインにし、本体のサイドではなく中央にレンズを配置したのだ。

Snapは、機能をひとつだけに限ることで、写真の価値を高めるというコンセプトの製品だ。「それが、この製品の全特徴です。これは、iPhone上にあるほかのカメラ機能と競おうとする製品ではないのです」

32GBまでのmicroSDカードに対応しており、一般的なデジタルカメラと同様に、撮影画像をコンピューターなどに転送できる。日本発売は未定。

TAG

CameraDesignPolaroidWIRED US