乃木坂号泣で大量のティッシュ、映画「ここさけ」の試写で感動。

写真拡大

9月19日より全国公開され、公開11日目で興収5億円を突破するなど、好調な出足を見せている映画「心が叫びたがってるんだ。」。そんな本作をアイドルグループ・乃木坂46のメンバー15人が鑑賞し、感動のコメントをおさめたCMが完成した。テレビでのオンエアは10月3日から、ウェブでは先行公開中。

本作は、乃木坂46の新曲「今、話したい誰かがいる」が主題歌としてエンドロールに流れ、好評を得ている。ミュージカルが舞台なのでコーラスで歌う曲が最後にほしいと考えた「ここさけ」スタッフが、乃木坂46の持つ青春感や疾走感、歌詞が持つせつなさが本作にピッタリと、オファーし実現したものだ。

今回は、主題歌のダブルセンターを務める西野七瀬・白石麻衣をはじめ、「ここさけ」公開記念のフジテレビ特番に出演した深川麻衣らが出席した。テレビCMは、西野と深川が、まず笑顔で「泣きそうになったよね」「うるっと」と話した後、鑑賞中のメンバーたちの目に涙をためた様子や涙が頬をつたう姿とともに、「こんなに泣けると思っていなかった」「メチャ泣きました」「すごいあたたかい映画だなって」「すごく感動しました」とそれぞれの感動を紹介する内容だ。

試写が開始されて間もなく、大量のティッシュボックスが急遽、試写室に運ばれるなど、物語の前半から涙するメンバーが多く、CM撮影後も“誰かと話したい、伝えたい”というテーマを自分自身とも重ね、言葉の大切さを実感したという感想も多く語られた。

また、このたび3週目、4週目来場者特典の詳細も明らかになった。3週目(10月3日〜10月9日)はキャラクターデザイン・田中将賀描き下ろし、ミニ色紙風ウェルカムポートレート(仁藤菜月、田崎大樹2種のうち1種)、4週目(10月10日〜10月16日)はキャラクターデザイン・田中将賀描き下ろし、ミニ色紙風ウェルカムポートレート(成瀬順、坂上拓実2種のうち1種)がプレゼントされる。1人1回の鑑賞に対し1つ、数量限定のためなくなり次第終了。