千葉・ホキ美術館で5周年記念展覧会を開催 - 五味文彦、大畑稔浩、島村信之の秀作各20点ずつが並ぶ

写真拡大

千葉・ホキ美術館で展覧会「3つの個性―表現の可能性を探る。」が開催される。期間は、2015年11月20日(金)から2016年5月15日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

ホキ美術館は、日本初の写実絵画専門美術館。日常生活や現実をそのまま表現する写実絵画を、巨匠から若手の作品まで約50作家350点を所蔵している。

本展では、個性豊かな3人の現代作家の写実作品をそろえる。《飛行計画−詩は聞えたか》にみる女性の顔のコラージュや、生命の宿る樹影シリーズを描く五味文彦。《気配ー夏》や《石見の海−消波ブロックと堤防》など、自然をテーマに風景を描く大畑稔浩。そして、《月夜》のような、美しい肌の女性像を描く一方で、ロブスターのような異なるジャンルのものも描く島村信之、それぞれ各20点の作品を展示する。

なお、本展ではこのために描き下ろされた新作も揃う。

【開催概要】
3つの個性―表現の可能性を探る―五味文彦 大畑稔浩 島村信之
開催期間:2015年11月20日(金)〜2016年5月15日(日)
開催場所:ホキ美術館 ギャラリー1ほか
住所:千葉県緑区あすみが丘東3ー15
※ギャラリー3〜9は常設展示で計約150点の写実絵画を展示。
開館時間:10:00〜17:30 ※入館は17:00まで
休館日:火曜日
※ただし、2016年5月3日(火)は開館。2015年12月29日(火)〜2016年1月1日(金)、5月2日(月)は休館。
入館料:一般 1,800円、大学・高校生・65歳以上1,300円、中学生900円
※小学生以下は無料。ただし大人1人につき子ども2人まで。

【問い合わせ先】
ホキ美術館
TEL:043-205-1500