「トレインスポッティング」続編撮影は来夏、ダニー・ボイル監督明かす。

写真拡大

映画「トレインスポッティング」続編の撮影が、来年夏からスタートすることがわかった。

ユアン・マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライルらが出演した1996年のオリジナル作品に続き、新作でもメガホンを執ることになったダニー・ボイル監督は、ここ数週間同作品に関しての話し合いを重ね、来年夏には撮影を開始し、同年内には公開になるかも知れないと明かした。

ボイル監督は「(撮影)期間が限られているんだ。3年後まで続く可能性がある契約が切れるのを待つか、このスケジュールでやってみるかってところだね」「でも4人とも戻ってくるよ」とハリウッド・レポーターに語り、オリジナル作品よりも製作費を確保できているにも関わらず、プロジェクトの主導権は自分が握っていると続けた。

「2000万ドル(約24億円)以下で僕らは制作するんだ。この金額だと僕らが映画の内容のコントロールをできて、作りたい映画を作れるんだ」
「誰からも責任を問われることないギリギリの額ってわけなんだ。ほとんど口出しされることなく、その製作費の中でやっていくことが出来るんだよ」
「もっとお金を集めることだって出来たんだけど、そうはしなかったよ。オリジナル作品を作ったときのような感覚を保とうと思ってね」