写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月30日、同日午前5時33分に国際宇宙ステーション(ISS)補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が大気圏に再突入したと発表した。HTV5は再突入をもって、約42日間のミッションを全て完了した。

同補給機は8月19日に種子島宇宙センターからH-IIBロケット5号機により打ち上げられ、25日にISSへ結合。約35日間係留後、29日にISSから分離した。今回で「こうのとり」は5機連続のミッション成功となる。

ミッション成功を受けてJAXAの奥村直樹 理事長は「『こうのとり』は世界最大の補給能力を有し、ISS運用の根幹を支える宇宙船です。そのミッション成功は国際的にも期待が寄せられ、大きなプレッシャーがかかるなか、油井宇宙飛行士、私共JAXAの管制チーム、若田飛行士が交信役を務めたNASAの管制チームによる連携により完璧にミッションを遂行し、日本の宇宙技術と信頼性の高さを改めて世界に示すことができました。」とのコメントを発表した。