写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットドリーマーズは9月29日、スマートフォンアプリ「SMART会員証」サービスを開始したと発表した。

同サービスは、企業が展開するさまざまな販促施策や顧客会員向けサービスを、スマートフォンアプリを通じオールインワインで提供する仕組みで、顧客データベースの構築や既存の基幹システムとの連携により、顧客属性や行動分析に基づき個々の顧客の趣向にマッチしたアプローチができるため、オリジナルの本格的なモバイルサービスプラットフォームとして、企業と顧客を強固につなぐ最適なマーケティングサイクルの構築に貢献することが期待されている。

紙やプラスチックの会員証、スタンプカードをそのままモバイル化できるため、従来、顧客が申込書へ記入したり、店舗やパンチ業者が入力していた従来の事務手続き業務や印刷、発送業務などの手間と時間を要する作業が不要となる。また、紙やプラスチックカードの会員証がアプリに集約されるため、持ち運びや管理の不便さから解放される。

また、顧客データベースに基づいた来店施策として、顧客の年代、性別、居住地域などの属性情報はもちろん、来店履歴、購入履歴、アプリ利用状況などの行動情報と組み合わせた効果的なプロモーションが行える。プッシュ通信でセール情報やモバイル限定クーポンを配信して店舗へ誘導し、来店ポイントやスタンプカードで来店頻度の向上を促進させると共に、プロモーションの効果もリアルタイムで分析できる。