“恐怖の冷蔵庫そうじ”あるある…この豆板醤いつのやねん!?【山本ゆり爆笑エッセイ&レシピ】
 累計350万部突破のベストセラー料理本『syunkonカフェごはん』シリーズをご存知でしょうか? 著者・山本ゆりさんのブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」は、月間600万PVを誇るそうです。

「カフェごはん」つったら、著者はオシャレなスイーツ女子なんでしょ?……と思ったら大間違い! レシピに添えられたエッセイは、大阪弁コッテコテのぶっちゃけ話。2000を超えるオモシロ話に、私も何度爆笑したかわかりません。

 あまりに面白いので、このたびエッセイ約90編+αを集めた『syunkonカフェ雑記 クリームシチュウはごはんに合うか否かなど』が刊行されました(レシピ付き)。

 そこで、山本さんの傑作エッセイを何編かご紹介しましょう。今回のは、冷蔵庫がグチャグチャな人、必読! 料理界のカリスマがこれなら、うちもこれでええんちゃう? って、自分を許してあげられますよ。

◆エッセイ「恐怖の冷蔵庫掃除」

 昨日、1日がかりで冷蔵庫の掃除をしました。
冷蔵庫の開けっ放し防止機能にピッピーピッピー言われながら、一段一段はずして洗ってはずして洗って…

 まずは1番上の段。海苔がいれてあります。
巻き寿司用のでっかい海苔と、刻み海苔と
飴が2粒。
なんでやねん。ここに飴がはいってるって誰が知ってんねん。しかも意味不明の
青っぽい色。何味やねん絶対舐めへんやろ。
バシュ!(ゴミ袋行き)

 次の段、奥のほうに液だれした瓶発見。
うわー触りたくない。…ねちゃ。(床とくっついてる)ラベルを見ると
『ハムのドレッシング』。
なんなんこれ。ハムのドレッシングって何? ハム専用なん? そんな良いハムがうちにあったことなんてあったっけ。
『賞味期限 2009.10.09』(*2010年12月30日現在)
ジャー……(処分)

 その奥にあるのは、練りごま(黒)。
出たーーーーー!!
やっぱりあったか。絶対に使い切らんくせに、毎年1年に1回は練りごまに手を染めるからな。でも、これはまだ比較的新しかったからセーフ。

 おっ豆板醤発見。お前の存在は知ってたで。いつも年末は奥でカピカピになってるけど、今回は知ってたで。だってこの間買ったところだもの。
その奥には……
おっ豆板醤発見。(ドゥーーン)
あったんや。やっぱりあったんや。

 そして端っこのほうには…出ました岩海苔(佃煮)
この「冷蔵庫の端に賞味期限の切れた岩海苔」っていう図
もう何年経験してるんやろ。食べ切ることないのになんで買うん。
まあ、置いておこう。大丈夫。岩海苔やし大丈夫。(根拠は)

 その奥には……
岩海苔。
なんでやねーん。なんで岩海苔またあんねーん。
もうめっちゃ前に出して主張しといたんねん。
岩海苔・豆板醤・岩海苔・豆板醤って並べておいたんねん。

 気を取り直してその奥の…四角いのん何これ。
…………
羊羹(ようかん)

 確かこの羊羹は、何ヶ月か前に酔っ払ってタクシーに乗った時、なぜか運転手さんが降り際にくれたもので。「え、このタイミングで羊羹?(ティッシュではなく?)」ってなって、なんとなく手がつけれへんかってんな。
羊羹…おっちゃんの優しさ…羊羹…おっちゃん…
………
バスン!(ごめん)

 三段目。
器に入ってラップかけられたカレー。
え、カレーとかいつした? 少なくともこの1ヶ月はしてないよな。しかもトマトが入ってる…トマト入りのカレーをしたのは確か…………!!(さよなら)

 その横のラップがかかっている器は、カッスカスのらっきょう。らっきょうの化石。その端には……
飴が1粒。
だからなんでなん。袋に「ジューシー」て書いてあるわ。
置いとこ。まだジューシーな果汁出てきそうやし。(どんだけキャッチに弱いねん)